民放テレビの選挙特番は「池上模倣」ばかりだ

模倣が進み、一周回ってNHKに落ち着いた!?

他局の選挙特番は、“池上無双”ならぬ“池上模倣”になっている(撮影:風間仁一郎)
近年、民放の選挙(開票)特番は、テレビ東京の「池上ライブ」が視聴率、内容とも他をリードし、いわゆる“池上無双”状態が続いている。はたして今回の特番はどうだったか。GALACの名物ウォッチャーが斬る!

さかのぼること7年。2010年7月11日の第22回参院選の選挙特番で、テレビ東京がフリージャーナリストの池上彰をメインに起用し、「池上彰の選挙スペシャル」を放送した。キャスターは違えども中身はどこも横並び的なそれまでの開票速報とは、ひと味もふた味も違う“池上選挙特番”の誕生。すべてはそこから始まった。

この「池上彰の選挙スペシャル」の視聴率は日本テレビに続き民放第2位をマークし、テレ東の大躍進はその他の局をさぞや焦らせたことだろう。

そして7年経った今、各局の選挙特番がみな、どこかしら池上特番ふうになってしまった。そんな“池上無双”ならぬ“池上模倣”な選挙特番をウォッチした。

池上ライブの“伏兵”、小島瑠璃子の存在感

当記事は『GALAC』2月号(1月6日発売)の特集からの転載です(上の雑誌表紙画像をクリックするとブックウォーカーのページにジャンプします)

まずは本家本元、テレビ東京「第48回衆院選『池上彰総選挙ライブ』」。2010年当時はアシスタントだったが、今や池上と肩を並べる総合司会の大江麻理子キャスター。その落ち着きは銀座のクラブのママのよう。さりげない気配り、絶妙なタイミングで池上をフォローする。ゲストは峰竜太、宮崎美子、東貴博、坂下千里子、宮澤エマ、そして今回忘れてはならないのが、意外な伏兵、小島瑠璃子(こじるり)のリポーターぶりだ。

池上からの宿題で、「明暗分かれるかもしれない2つの政党の様子を伝えて」と言われたこじるり。“明”の立憲民主党の開票センターでは、福山哲郎幹事長について「お父さんが食卓に座って朝ごはんを待っているようなリラックスした表情」と表現し、池上も「絶妙な描写ですよ」と絶賛。さらに、“暗”の希望の党では小声でしゃべり、「あまり大きな声を出せたもんじゃありません」と伝え、笑いをとっていた。またひとり、「池上ライブ」に心強い仲間が加わった。

テレ東といえば、“おカネがない”で有名だが、選挙特番に関してはさにあらず。もしかしてこの特番のために、ほかの番組の予算を削ってるのかと思うほど。その1つが池上考案の「山の模型」だ。政界を山に見立てて、総理のイスを頂上とし、各政治家が今どのあたりにいるかを見せるものだ。投票締め切りの20時までは顏を見せないよう、各人形にサングラスをかけるという芸の細かさ。あと、文春砲が出てきて、山尾志桜里を撃ったのは笑った。

次ページ「池上ライブ」名物といえば?
関連記事
トピックボードAD
  • 就職四季報プラスワン
  • 発達障害者と働く時代
  • 経済学で読み解く現代社会のリアル
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
シャープ製パネルで相次ぐ<br>火災事故の深層

19件中10件がシャープ製。消費者庁のデータに登録されている、太陽電池パネルに関連した火災事故の数だ。「原因が特定できない」とし、製品リコールに否定的なシャープ。対策が急務。