「どん兵衛」と湖池屋のCMが心をつかんだ理由

2017年は消費者を動かしたCMが多かった

以上の2社以外にも、テレビCMを通じて売り上げにつながった企業の成功事例を見るにつけ、改めて消費者の購買行動に「テレビCMは効く」と感じている。

CM好感度調査から見える消費者マインドの“好感ど真ん中”にあるワードは「おもしろい」。

「面白し」が語源とされるこの言葉は、「面」が目の前を意味し、「白い」は明るくてはっきりしていることを指すと辞書にある。「興味深い」「滑稽な」「快い」「風流な」「好ましい」と実に意味の奥が深い言葉である。このキーワードは、CM総合研究所が調査を開始した30年前も消費者マインドの中心にあった。世の中は大きく変わっても、「おもしろい」ことは人の心を動かすということであろう。

2018年のCM動向は

行く年の後は、来る年2018年のCM動向を少しだけ占ってみたい。

2月には平昌冬季五輪が開催される。世界が注目するスポーツ大会は最強コンテンツのひとつだ。羽生結弦、高梨沙羅選手はすでに複数企業のCMに起用されているが、日本人選手の活躍次第では新たなスターが誕生するかもしれない。

注目キーワードとして挙げられるのは「AI技術のビジネス化」。すでにロボット、家電、医療、自動車などあらゆる分野でAI技術を搭載したビジネスの競争が始まっている。なかでも注目したいのはスマートスピーカー。先行する『Amazon Echo』を追って、日本でも発売が相次ぎ、『LINE Clova』や『Google Home』はすでにCM展開が始まっている。

消費者マインドを寡占化している通信業界については、まだしばらくこの趨勢は続きそうだ。『au』の「三太郎」シリーズは毎年、正月早々に新CMをスタートして話題を集めているが、はたして2018年はどうだろうか。新しい「白戸家」となった『SoftBank』の展開や、『NTT DOCOMO』の新しいゲストも気になる。

通信業界以外にも、特に三が日には、企業が気合を入れたスペシャルなCM作品が多く放送される。テレビ番組だけでなく、テレビCMにも注目が集まりそうだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 買わない生活
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
空き家にさせない!<br>実家のしまい方

少子高齢化や核家族化、過疎化で今や7戸に1戸が空き家に。放置された実家はもはや相続したくない迷惑資産。売るか、貸すか、それとも活用するか。実家の片付けから空き家の再生まで幅広く取り上げ、対策例をご紹介します。

東洋経済education×ICT