福山雅治が作り上げた「硬派ビール」の世界観

6月後期の「CM好感度ランキング」一挙公開!

あまりにも格好がいい、夢の初共演が実現しました(写真:アサヒビール公式HPより)
あなたのお気に入りCMは、何位にランクインしているだろうか?
CM総合研究所が毎月2回実施しているCM好感度調査は、東京キー5局でオンエアされたすべてのCMを対象として、関東在住の男女モニターが、好きなCM・印象に残ったCMをヒントなしに思い出して回答するものだ。
最新の2017年6月後期(2017年6月5日~ 2017年6月19日)調査結果から、作品別CM好感度ランキングTOP30を発表。その中から、CM総研が注目するCMをピックアップして、ヒットの理由に迫る。

「三太郎」シリーズの人気はいまだ健在

【1~10位】

調査期間中、東京キー5局からオンエアした3203作品のうち、作品別CM好感度1位に輝いたのは、KDDI『au』の「三太郎」シリーズの「スマホはじめる割・デビューステージ」篇。

金ちゃん(濱田岳)から「スターになろう」と誘われて、いよいよデビューの日がやってきた。ステージ本番前に緊張と不安を口にする桃ちゃん(松田翔太)と浦ちゃん(桐谷健太)に、「初めてはみんな怖いもんさ」と自信満々にアドバイスする金ちゃんだったが………。いざ盆踊りの櫓(やぐら)に登ると、緊張で踊れず、「金ちゃん。ガチガチだよ」と、桃ちゃんに心配されるというコミカルなストーリー。モニターからは、「このシリーズはいつもおもしろい」「次が気になる」「飽きない」という意見が多い。

「三太郎」シリーズは2015年1月にオンエアを開始して以来、シリーズ作品は80にものぼるが、人気は健在だ。なお、WEBには桐谷が熱唱する「三太郎音頭」フルバージョンや、盆踊りの「踊り方解説」の映像も用意されていて再生回数を伸ばしている。

2位は日清食品『どん兵衛』がランクイン。星野源が商品を一口食べると、湯気で曇ったメガネの向こう側に『どん兵衛』のおあげの化身“どんぎつね”の吉岡里帆が現れる。星野がおあげを食べる度に「イタッ!」と反応する吉岡に、「食べづらっ」と返す星野。2人のほのぼのとしたやり取りが、星野の出演した大ヒットドラマ「逃げ恥」を思い出させて、女性層を中心に幅広い年齢層から受けている。CM好感要因では「かわいらしい」が全CM中1位となり、キツネ耳としっぽをつけた吉岡が人気を集めた。

3位はNTTドコモ『NTT DOCOMO』。「得ダネを追え!」シリーズに、ブルゾンちえみが綾野剛の妹役として登場した。堤真一が綾野を呼び出して、妹のちえみとの結婚の可能性をほのめかす。堤に「お義兄さん」と呼ばれて、驚きとまどう綾野。堤の妄想シーンでは、ブルゾンの持ちネタのBGM「♪Dirty Work」に合わせてノリノリでブルゾンと踊るシーンも見所だ。主婦層からの支持が高く、女性層全体のCM好感度が男性層の3倍に達した。

次ページ福山雅治とジョニー・デップが夢の共演
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 内田衛の日々是投資
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。