au「三太郎」CMが3年目でも飽きられない理由

ディレクターの子ども時代にキャラの原点

今年で放送開始から3年目となる、auの三太郎シリーズ。マンネリ化せず、人気沸騰し続けられる秘密とは?
あなたのお気に入りCMは、何位にランクインしているだろうか?
CM総合研究所が毎月2回実施しているCM好感度調査は、東京キー5局でオンエアされたすべてのCMを対象として、関東在住の男女モニターが、好きなCM・印象に残ったCMをヒントなしに思い出して回答するものだ。
最新の2017年8月後期(2017年8月5日~ 2017年8月19日)調査結果から、作品別CM好感度ランキングTOP30を発表。その中から、CM総研が注目するCMをピックアップして、ヒットの理由に迫る。

au「三太郎」シリーズが好感度1位の理由

【1~10位】

調査期間中、東京キー5局からオンエアした3331作品のうち、作品別CM好感度1位はKDDIauの「三太郎」シリーズ、「auピタットプラン・織姫、登場」篇となった。前編で空から落下した大きな桃を蹴破って登場したかぐや姫(有村架純)の妹の織姫(川栄李奈・元AKB48)。今回は、織姫があっけにとられる三太郎たち(松田翔太、桐谷健太、濱田岳)に、「織ちゃんって、呼んでいいぞっ」と、大きな桃同様に態度もビッグな挨拶をするというストーリーだ。

モニターからは、「面白い」という感想が圧倒的多数を占めた。また、「まさか、かぐや姫の妹が織姫だったとは」「個性的なキャラクターが出てきて飽きない。伝えたいこともわかりやすい」とクセの強い新キャラの登場に反応した人も多かった。

この三太郎シリーズが始まったのは、なんと2015年元日。今年で3年目を迎え、今や国民的人気CMとなった。なぜ、三太郎シリーズのCMはここまで人気があるのか。いまさらながらそのヒミツに迫ってみたい。

三太郎シリーズ立ち上げの当時、KDDIの田中孝司社長は「auを好きになってもらうこと」をゴールに掲げたという。「一に「笑」。二にも、三にも「笑」。シンプルに笑いを突き詰めることが、auを好きになってもらうために必要な戦略」と語っていた。

これを受けた同社の矢野絹子宣伝部長は「個々の商品やサービス以上に、まずau に興味関心を持ってもらい、ブランドそのものを好きになってもらいたい」という要望を、CMクリエーターに最初に伝えたという。

次ページ15秒で伝えるワザとは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不妊治療のリアル
  • 奨学金借りたら人生こうなった
  • ベテラン車両の肖像
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT