au「三太郎」CMが3年目でも飽きられない理由

ディレクターの子ども時代にキャラの原点

今年で放送開始から3年目となる、auの三太郎シリーズ。マンネリ化せず、人気沸騰し続けられる秘密とは?
あなたのお気に入りCMは、何位にランクインしているだろうか?
CM総合研究所が毎月2回実施しているCM好感度調査は、東京キー5局でオンエアされたすべてのCMを対象として、関東在住の男女モニターが、好きなCM・印象に残ったCMをヒントなしに思い出して回答するものだ。
最新の2017年8月後期(2017年8月5日~ 2017年8月19日)調査結果から、作品別CM好感度ランキングTOP30を発表。その中から、CM総研が注目するCMをピックアップして、ヒットの理由に迫る。

au「三太郎」シリーズが好感度1位の理由

【1~10位】

調査期間中、東京キー5局からオンエアした3331作品のうち、作品別CM好感度1位はKDDIauの「三太郎」シリーズ、「auピタットプラン・織姫、登場」篇となった。前編で空から落下した大きな桃を蹴破って登場したかぐや姫(有村架純)の妹の織姫(川栄李奈・元AKB48)。今回は、織姫があっけにとられる三太郎たち(松田翔太、桐谷健太、濱田岳)に、「織ちゃんって、呼んでいいぞっ」と、大きな桃同様に態度もビッグな挨拶をするというストーリーだ。

モニターからは、「面白い」という感想が圧倒的多数を占めた。また、「まさか、かぐや姫の妹が織姫だったとは」「個性的なキャラクターが出てきて飽きない。伝えたいこともわかりやすい」とクセの強い新キャラの登場に反応した人も多かった。

この三太郎シリーズが始まったのは、なんと2015年元日。今年で3年目を迎え、今や国民的人気CMとなった。なぜ、三太郎シリーズのCMはここまで人気があるのか。いまさらながらそのヒミツに迫ってみたい。

三太郎シリーズ立ち上げの当時、KDDIの田中孝司社長は「auを好きになってもらうこと」をゴールに掲げたという。「一に「笑」。二にも、三にも「笑」。シンプルに笑いを突き詰めることが、auを好きになってもらうために必要な戦略」と語っていた。

これを受けた同社の矢野絹子宣伝部長は「個々の商品やサービス以上に、まずau に興味関心を持ってもらい、ブランドそのものを好きになってもらいたい」という要望を、CMクリエーターに最初に伝えたという。

次ページ15秒で伝えるワザとは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
これが世界のビジネス常識<br>会社とジェンダー

「ジェンダーギャップ指数ランキング2021」で日本は120位という結果に。先進7カ国中で最下位かつ、女性の社会的地位が低いとされるアフリカ諸国よりも下です。根強く残る男女格差の解消は、日本経済が再び競争力を取り戻すために必須の条件です。

東洋経済education×ICT