いきなりステーキが往年のアニメと組むワケ

あの「マジンガーZ」が店内をジャック

いきなり!ステーキ渋谷青山通り店で12月20日に行われたタイアップセレモニーには水木一郎氏(右から2人目)と創業者の一瀬邦夫氏(左から2人目)が登場(筆者撮影)

カウンターで立ったままステーキをほおばるという、ユニークな立ち食いスタイルで強烈な印象をふりまいた「いきなり!ステーキ」。国内187店舗を展開する現在では、テーブル席のある店やフードコート内店舗の整備、コンビニ弁当やスナック菓子とのコラボレーション、映画などとのタイアップなどで、より穏和かつ広範なイメージへ転換を図る。

そして今回は、1972~1974年にテレビ放映されたロボットアニメ『マジンガーZ』の45年ぶりの復活・劇場公開を記念したタイアップイベントを開催。 2017年12月20日~2018年1月31日までの期間、 “『マジンガーZ/INFINITY』ジャック”として、渋谷青山通り店の店内を劇場公開用ポスターなどで装飾するほか、来店スタンプをためるとグッズがもらえるプレゼントキャンペーンを行っている。

水木一郎氏も「いきなり!ステーキ」ファン

『マジンガーZ/INFINITY』のポスターが張られた渋谷青山通り店の店内(筆者撮影)

イベント開催に先立って行われたテープカットセレモニーでは、「いきなり!ステーキ」を展開するペッパーフードサービスの一瀬邦夫社長とともに、テレビ放映時と今回の劇場版で主題歌を熱唱している歌手の水木一郎氏が登場した。

セレモニーで一瀬社長は「開店間もない青山通り店だが、今回は『マジンガーZ』ジャック、ということで、たいへんうれしく感じています。若い人からお年寄りまで幅広く利用できる。昔、大ファンだった人、新しくファンになる人それぞれにとって、すばらしい体験になると思う」(一瀬社長)と、イベントに対する思いを語った。

また、歌手の水木氏は、「私自身、肉好きで、いきなり!ステーキにもよく行きます。(1号店が登場した)4年前なら、イスがなくても大丈夫だったのですが、今はちょっとつらい。その点、青山のこのお店はイスがたくさんあるからいいですね」(水木氏)と、自らの“いきなり!ステーキ体験"を披露した。

次ページ放映から45年を経ての劇場映画化
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 買わない生活
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT