いきなりステーキが往年のアニメと組むワケ

あの「マジンガーZ」が店内をジャック

「いきなり!ステーキ」は5月29日に出店した北関東初の高崎店が、開店2時間前から行列が並ぶなどの大成功を収めた。ほぼ同時に群馬県太田、埼玉県八潮など「ロードサイド店舗」攻勢を加速させ、約半年で新店舗を約60店舗を立ち上げた。

「出店のスピードは明らかに増してきています。2018年はさらにプラスして200店舗を出店する予定で、6月までに17店舗まで決まっています」(ペッパーフードサービス営業企画本部の川野秀樹本部長)

2018年1月には米国3店目が開店

米国で2店目となるニューヨークチェルシー7th ave店(写真:ペッパーフードサービス)

2017年12月16日には、米国で2店目となるニューヨークチェルシー7th ave店をオープン。さらに2018年1月にはタイムズスクエアにも開店の予定だ。

「今年(2017年)は東南アジアからのオファーもいくつかあった。やるときは一気にやりたいと思っています」(一瀬社長)

ペッパーフードサービスは2017年8月15日には東証第2部から第1部に指定替え。第3四半期の売上高は同社全体で250億5800万円、「いきなり!ステーキ」事業単体では182億400万円となっている。

今回の『マジンガーZ/INFINITY』とのタイアップが象徴するように、まさに“インフィニティ(無限)”ともいえるような勢いをみせる「いきなり!ステーキ」の快進撃。2018年はどのような作戦を繰り出してくるのだろうか。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 中原圭介の未来予想図
  • ココが違う!結果びと
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。