三陸鉄道と養命酒「珍コンビ」が狙うものは?

冬の名物「こたつ列車」体の芯からポカポカ?

三陸鉄道の名物「こたつ列車」が養命酒仕様に変身する(写真:養命酒製造)

今年も三陸鉄道冬の風物詩・こたつ列車が運行される。12月16日の運行開始日1カ月前の11月16日、初日分の乗車券が即日完売になった。

こたつ列車は宮古と久慈を結ぶ三陸鉄道北リアス線で、毎年12月から翌年3月にかけて運行されている企画列車。1車両内に12台の掘りごたつが設置された2両編成で、予約すれば豪華海鮮弁当やデザートを食べながら車窓の風景を楽しめたり、同乗する岩手のなまはげ「なもみ」が握手や写真撮影に応じてくれたりする。

初日分は即日完売

こたつ列車は2005年2月に試験運転が始まり、同6年12月から正式運行が始まった。東日本大震災による被害で2011年暮れ~2012年春は中止になったが、2012年暮れ~2013年春は田野畑-久慈間で運行が再開され、2014年暮れに完全復活した。

2015年12月に盛岡-宮古間を結ぶJR山田線が土砂の流入で脱線。そのあおりでこの2年間は乗車率が落ちていたが、今年は初日分がいきなり即日完売。今シーズンは11月5日にJR山田線の盛岡-宮古間が全面復旧したので、それも追い風にはなっただろうが、何よりの決め手になったと思われるのが、養命酒とのコラボ企画である。

こたつ列車は12月16日から来年3月31日までの土日祝日(12月30日~1月8日は毎日)、1日1往復運行されるのだが、このうち1月1日から1月5日までの5日間を除いて、12月16日から1月14日までの土日祝日は、こたつが「養命酒バージョン」になるのだ。

知らない人はいないと思うが、養命酒とは、養命酒製造株式会社が製造販売する薬用酒。1602年に創製されたとされ、徳川家康に献上されたとも伝えられる。滋養強壮剤として現在も多くの人に愛用されている。

さて、その養命酒バージョンのこたつ列車とはどのようなものなのだろうか。

次ページもともとはまじめな目的の企画
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 精神医療を問う
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衝撃!住めない街<br>自然災害・人口減を甘く見るな

東京・江東5区や川崎など、首都近郊でひっそりと「住めないエリア」が広がっています。近年の大規模災害で補修が追いつかないところに、人口減少、インフラ老朽化などが重なり、苦悩する街。その現実と、日本人の「住まい方」を考えます。