AIで金融業務は「ブラックボックス化」する

黒田日銀総裁が警戒する膨大なビッグデータ

12月4日、日銀の黒田東彦総裁は、都内で開催された仏パリ・ユーロプラス主催のイベントで講演し、金融と情報技術(IT)の融合「フィンテック」の将来性について話した。写真はスイスで演説する同総裁。13日撮影(2017年 ロイター/Arnd Wiegmann)

[東京 4日 ロイター] - 日銀の黒田東彦総裁は4日、都内で開催された仏パリ・ユーロプラス主催のイベントで講演し、金融と情報技術(IT)の融合「フィンテック」の将来性について話した。

これまで「銀行店舗ATMなどの金融インフラが十分普及していない新興国や途上国でも金融サービスを提供できる」などと評価。日本でも高齢者などの「詐欺防止に生体認証やAI(人工知能)が貢献しうる」との期待を示した。

また金融業務に「伝統的な金融機関とは異なるプレイヤーが数多く参入する」など、「金融機能を担う主体の広がりなどが経済に影響を与えうるとした。

同時にリスクとして、金融業務でAIの活用が進めば「意思決定がブラックボックス化し、顧客にとってのリスクにつながる」と指摘した。

金融システムのリスクを精査する上で、従来の金融機関の資産規模に加え、「膨大なビッグデータや、広く使われるアルゴリズムなどの重要度が増していく」と警戒した。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT