急に痩せた体をリバウンドさせないコツ3選

その原因を知り、運動量と代謝を上げよう

短期間のダイエットと長期間のダイエットはノウハウが違います(写真:xiangtao / PIXTA)

この春、東京都内で短期的にダイエットジムに通っていた40代男性のAさんは言います。

「3カ月で30キログラム痩せましたが、今はそのうち20キログラム分が戻ってしまいました。結果として10キログラムのダイエットに成功したのですが、もっとも痩せた状態は維持できていません」

テレビCMや電車の中吊り、インターネット広告や新聞の折り込みチラシなど、短期ダイエットジムの広告を目にすることが増えました。ダイエット専門のトレーナーが二人三脚でサポートしてくれること、完全個室のプライベート空間でトレーニングができること、徹底した食事指導によって成果が出やすいことなど、さまざまなメリットがあります。

一方、運動指導者として13年の活動歴、延べ1万5000回以上のダイエット指導を行ってきた筆者からは、短期間で大幅な減量をした人ほど、反動が大きく、リバウンドしやすい傾向にあると感じています。

埼玉県内で短期ダイエットジムに通った経験のある50代男性のBさんもこう話します。

「担当トレーナーから目標達成後も通い続けるように、また、サプリメントなども買うように勧められ、半年間で150万円支払いました。しかし、これ以上は金銭的に続けられません」

月会費1万円程度の一般的なフィットネスクラブと比較すると、短期ダイエットジムは高額なため、経済的な理由で続けられない人もいます。半年間で150万円というのは、一般的なビジネスパーソンの収入を考えると、継続するのはかなり難しい金額です。

「週2回の運動とはいえ、きついトレーニングで体がクタクタになるので、仕事や生活のことを考えると長くは続けられません。食事内容も3カ月だから我慢できましたが、この食事が一生続くと考えると嫌になります」

都内在住の30代男性Cさんが経験したように、短期ダイエットジムに通うと痩せるというのは間違いないようですが、利用者にとってはそのスタイルを維持することが1つの課題となります。

短期間で痩せるためのダイエットノウハウと、長期間で痩せるためのノウハウは異なります。これは同じ陸上選手でも、100m走の選手とマラソン選手では練習方法や走るフォームが違うのと同じように、ダイエットでも短期間と長期間ではノウハウが異なるのです。

次ページリバウンドを防ぐポイント3つ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT