スタバ、ついに「1000店クラブ」入り

カフェ店舗数では首位のドトールを猛追

カフェチェーン最大手のスターバックス コーヒー ジャパン(スタバ)が、ついに1000号店をオープンすることが明らかになった。

スタバは9月17日、「名古屋自由ヶ丘店」(名古屋市千種区)と「田園調布 東急スクエアガーデンサイト店」(東京都大田区)の2店舗を同時にオープンする。両店舗は同社にとって999号店と1000店になるが、どちらが1000店舗目になるかは決めていない。

スタバの日本第1号店は1996年8月にオープンした「銀座松屋通り店」(東京都中央区)。それから17年後の1000号店到達となる。

名古屋自由ヶ丘店は東海地区の旗艦店。プレミアムラインの高級コーヒー豆である「スターバックス リザーブ」を取り扱ううえ、東海エリアでは初めて、注文を受けてから特別なコーヒー豆をひいて抽出する器具である「クローバー」を備える。さらに名古屋市内で初めてドライブスルーも併設し、席数が79席の大型店となる。

一方、東急スクエアガーデンサイト店は、東急東横線・目黒線の田園調布駅の上にあるショッピングセンター「東京スクエアガーデンサイト」内に出店。席数は44席と従来型の店舗になる。

米スタバ創業者「誰が成功を想像できたか」と絶賛

スタバは今年5月、米国スターバックスコーポレーション会長兼社長であり創業者でもあるハワード・シュルツ氏を日本に招いて、1000店メモリアルイベントを開催。会見でシュルツ氏は、「17年前、1号店を銀座にオープンしたあの日、誰が日本での成功を想像できたか」と絶賛した。

スタバの業績は好調が続いている。前2013年3月期の決算は営業利益が97億円となり、2期連続で過去最高を更新した。今14年3月期も、足元では氷菓飲料「フラペチーノ」の販売が好調で、8月の月次既存店売上高は前年同月比103.6%増とプラス成長を維持。

次ページ1000店超える外食ブランドは数少ない
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
  • 今見るべきネット配信番組
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT