アマゾン第2本社、招致提案が238件も殺到

北米各地の都市・地域から

 10月23日、米インターネット通販大手、アマゾン・ドット・コムは、第2本社招致に北米各地の都市・地域から238件の提案を受け取ったと明らかにした。写真はアマゾンのロゴ、6月撮影(2017年 ロイター/Carlos Jasso)

[23日 ロイター] - 米インターネット通販大手、アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>は23日、第2本社招致に北米各地の都市・地域から238件の提案を受け取ったと明らかにした。

新拠点建設計画の一般競争入札を19日に締め切り、米国、カナダ、メキシコの54州・地区・領土が参加したという。

提案に盛り込まれた各種優遇策については公表しなかった。米アルファベット<GOOGL.O>傘下グーグルなどのライバル企業と戦い続けるため、一流の人材採用を後押しする都市を選ぶとみられている。

人気記事
トピックボードAD
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「脱ファッション」が進む<br>渋谷の街の最前線

渋カジ、コギャルなど若者ファッションの聖地だった渋谷。ここが100年に1度の大規模再開発で、オフィスや飲食店が増えアパレル店舗が減少しているのだ。来年エンタメビルとして生まれ変わるSHIBUYA109など、変わりゆく街の今を追う。