アマゾン第2本社、招致提案が238件も殺到

北米各地の都市・地域から

 10月23日、米インターネット通販大手、アマゾン・ドット・コムは、第2本社招致に北米各地の都市・地域から238件の提案を受け取ったと明らかにした。写真はアマゾンのロゴ、6月撮影(2017年 ロイター/Carlos Jasso)

[23日 ロイター] - 米インターネット通販大手、アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>は23日、第2本社招致に北米各地の都市・地域から238件の提案を受け取ったと明らかにした。

新拠点建設計画の一般競争入札を19日に締め切り、米国、カナダ、メキシコの54州・地区・領土が参加したという。

提案に盛り込まれた各種優遇策については公表しなかった。米アルファベット<GOOGL.O>傘下グーグルなどのライバル企業と戦い続けるため、一流の人材採用を後押しする都市を選ぶとみられている。

人気記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
イラン核合意離脱は<br>トランプ再選のため

イランの核開発を制限する核合意から、米国が離脱した。イランたたきは中東発世界不安を招きかねず、得策ではない。背景にはトランプ大統領のごくごく内向きな理由があった。