アマゾン第2本社、招致提案が238件も殺到

北米各地の都市・地域から

 10月23日、米インターネット通販大手、アマゾン・ドット・コムは、第2本社招致に北米各地の都市・地域から238件の提案を受け取ったと明らかにした。写真はアマゾンのロゴ、6月撮影(2017年 ロイター/Carlos Jasso)

[23日 ロイター] - 米インターネット通販大手、アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>は23日、第2本社招致に北米各地の都市・地域から238件の提案を受け取ったと明らかにした。

新拠点建設計画の一般競争入札を19日に締め切り、米国、カナダ、メキシコの54州・地区・領土が参加したという。

提案に盛り込まれた各種優遇策については公表しなかった。米アルファベット<GOOGL.O>傘下グーグルなどのライバル企業と戦い続けるため、一流の人材採用を後押しする都市を選ぶとみられている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT