アマゾン第2本社、招致提案が238件も殺到

北米各地の都市・地域から

 10月23日、米インターネット通販大手、アマゾン・ドット・コムは、第2本社招致に北米各地の都市・地域から238件の提案を受け取ったと明らかにした。写真はアマゾンのロゴ、6月撮影(2017年 ロイター/Carlos Jasso)

[23日 ロイター] - 米インターネット通販大手、アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>は23日、第2本社招致に北米各地の都市・地域から238件の提案を受け取ったと明らかにした。

新拠点建設計画の一般競争入札を19日に締め切り、米国、カナダ、メキシコの54州・地区・領土が参加したという。

提案に盛り込まれた各種優遇策については公表しなかった。米アルファベット<GOOGL.O>傘下グーグルなどのライバル企業と戦い続けるため、一流の人材採用を後押しする都市を選ぶとみられている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナ戦争を読み解く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。