FRB次期理事長は、パウエル氏かテイラー氏か

トランプ大統領が検討言明、数日中に発表か

 10月20日、次期米FRBトップ人事で、トランプ大統領はパウエル・テイラー両氏を検討していると明らかにした。写真はホワイトハウスで同日撮影(2017年 ロイター/Jonathan Ernst)

[ワシントン 20日 ロイター] - トランプ米大統領は20日、次期連邦準備理事会(FRB)のトップ人事について、パウエルFRB理事とテイラー・スタンフォード大教授の両氏を検討していることを明らかにした。

トランプ氏はフォックス・ビジネス・ネットワークのインタビューで、どちらか一方をFRB議長、もう一方をFRB副議長とする可能性について聞かれると「両氏はともに非常に有能な人物だ」とし、「難しい決断になる」と述べた。

ホワイトハウスのサラ・サンダース報道官は記者団に対し、トランプ氏がパウエル氏とテイラー氏を次期FRBトップに検討していることを確認。一方が議長に、もう一方が副議長に指名される可能性があるとした上で、「大統領はそういうことも検討しているが、複数の選択肢を排除していない。大統領はまもなく、数日中に発表するだろう」と語った。

パウエル氏は、イエレン氏の段階的な利上げアプローチを支持する穏健中道派で、次期議長に就任した場合、金融政策の継承という投資家の希望に沿うことが見込まれる。一方でテイラー氏は改革志向であるとともに、より厳格なルールに基づく金融政策を標榜しており、彼のFRB指導部入りは共和党保守層の支持を集めそうだ。

JPモルガンの首席米国エコノミスト、マイケル・フェローリ氏は「われわれの知るかぎりパウエル氏がより安全な選択といえる。「彼はFRBの風習や連邦公開市場委員会(FOMC)の機能を熟知しており、彼の穏健的な手法は有用だ」と述べた。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT