ゴールドマン、ビザ、ナイキがNYダウ銘柄に

約10年ぶりの大幅な入れ替え、23日から適用

9月10日、ダウ工業株30種の構成銘柄にゴールドマン、ビザ、ナイキが加えられることが明らかになった。写真はニューヨーク証券取引所で7月撮影(2013年 ロイター/Brendan McDermid)

[ニューヨーク 10日 ロイター] - S&Pダウ・ジョーンズ・インディシーズは10日、ダウ工業株30種<.DJI>の構成銘柄からアルミ大手アルコア、大手銀バンク・オブ・アメリカ、コンピューター大手ヒューレット・パッカード(HP)を外し、金融大手米ゴールドマン・サックス・グループ 、クレジットカード大手ビザ、スポーツ用品大手のナイキを加えることを明らかにした。

約10年ぶりの大幅な入れ替えで23日から適用される。

S&Pダウ・ジョーンズ指数委員会のデイビッド・ブリッツァー委員長はCNBCテレビに、インターネット検索大手の米グーグルなどの構成銘柄入りも検討したが、株価が高く見送ったと明かした。

構成銘柄の入れ替えは、外される3社の株価が低水準だったことや、銘柄の多様化を図る狙いが背景にある。特にアルコアは、時価総額が85億ドルと最低で、除外の対象とみられてきた。

3銘柄の入れ替えは2004年4月以来となる。

ソラリス・グループ(ニューヨーク州)のティム・グリスキー最高投資責任者(CIO)は、大幅な構成銘柄の入れ替えに驚きを示した。

そのうえで「ダウは実に時代遅れの指数だ。平均価格加重で意味を成さない。ただ、一部の市場関係者は引き続き注意を払っていて、一定の影響力はある」と話した。

中盤の取引でビザは2.9%高、ゴールドマンも3.3%高となっている。一方アルコアは0.4%下落し、HPも0.9%値下がりしている。

*内容を追加して再送します。

人気記事
トピックボードAD
  • 就職四季報プラスワン
  • 北朝鮮ニュース
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 会社を変える人材開発の極意
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。