セックスに悩む女性たちを救う「MBT」の正体

マインドフルネスは性機能障害の治療法にも

「性機能障害の原因は、心理的なものもあれば、生理的なものもある」と、カップルの関係改善を支援するイギリスの団体「リレート」のセックスセラピスト、ピーター・サディントンは言う。「認知行動療法は、患者が自分の陥っているパターンを把握し、過去の経験がどのような影響を及ぼしているかを知る手助けになる場合が多い。治療効果はかなりある」。

しかし、その効果がデータによって十分に裏付けられているとは言えないとの指摘もある。臨床試験の多くは被験者数が非常に少なく、追跡調査の期間も短い。しかも一部の実験では、半数以上の患者に症状の際立った改善が見られていないのだ。有効性を断定するには、まだデータを集める必要がありそうだ。

新しいアプローチを模索することの意義

そうしたなかで、セラピストが女性たちを救うために使える選択肢を増やせるように、新しいアプローチを模索することの意義は大きい。そんな新しい治療法の1つとして脚光を浴びつつあるのが、この15年ほどの間に用いられるようになったマインドフルネスに基づく治療法(MBT)だ。

MBTの特徴は、患者が自分の現時点の思考と感情を受け入れるように促すことにある。患者の思考を直接組み換えることを目指す場合が多い認知行動療法とは、この点で異なるものだ。

期待を持たせる研究結果も出ている。性科学専門誌ジャーナル・オブ・セックスリサーチに6月に発表された論文によると、11件の臨床試験(被験者数は合計で449人)の結果を分析したところ、患者はMBTを受けている間、性機能のあらゆる面と性的幸福感が大幅に改善したという。

これらの臨床試験も被験者数が少なく、追跡調査の期間も短い。それでも差し当たりは、患者を助ける効果があると思えば、現場の専門家たちはこの手法を活用していくだろう。

「セックスの最中に、仕事や家事のこと、その日に交わした会話やセックスへの不安など、ほかのことに意識が行ってしまう人は多い」と、ガーニーは言う。「その点、マインドフルネスのスキルを身に付ければ、セックスの際にも役に立つ。そのとき自分の体で起きていることや、湧き上がる興奮に意識を集中できるようになる」

ガーニーのクリニックの患者たちもマインドフルネスが性生活に及ぼす効果を実感しているという。

(文:レア・スルグ)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 看取り士という仕事
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT