麻生財務相「内部留保課税は二重課税になる」

希望の党の公約に否定的な見解を示す

 10月6日、麻生太郎財務相は閣議後会見で、希望の党が打ち出した内部留保課税について「二重課税になる」と述べ、否定的な見解を示した。写真はビバリーヒルズで5月撮影(2017年 ロイター/Lucy Nicholson)

[東京 6日 ロイター] - 麻生太郎財務相は6日の閣議後会見で、希望の党が打ち出した内部留保課税について「二重課税になる」と述べ、否定的な見解を示した。内部留保の現預金比率が高いことに触れつつ、「設備投資などへの有効活用が必要」とも指摘した。自民党が希望の党と連立を組む可能性については「自民・公明で過半数以下となる前提でなければ、その話は成り立たない」とした。

麻生財務相はまた、今月16日に米ワシントンで第2回の日米経済対話を開催すると発表。「日米の経済関係を一層深められるよう、建設的な議論が行われるようにしたい」と語った。

 

(梅川崇)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT