麻生財務相「内部留保課税は二重課税になる」

希望の党の公約に否定的な見解を示す

 10月6日、麻生太郎財務相は閣議後会見で、希望の党が打ち出した内部留保課税について「二重課税になる」と述べ、否定的な見解を示した。写真はビバリーヒルズで5月撮影(2017年 ロイター/Lucy Nicholson)

[東京 6日 ロイター] - 麻生太郎財務相は6日の閣議後会見で、希望の党が打ち出した内部留保課税について「二重課税になる」と述べ、否定的な見解を示した。内部留保の現預金比率が高いことに触れつつ、「設備投資などへの有効活用が必要」とも指摘した。自民党が希望の党と連立を組む可能性については「自民・公明で過半数以下となる前提でなければ、その話は成り立たない」とした。

麻生財務相はまた、今月16日に米ワシントンで第2回の日米経済対話を開催すると発表。「日米の経済関係を一層深められるよう、建設的な議論が行われるようにしたい」と語った。

 

(梅川崇)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 日本野球の今そこにある危機
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
企業の成長に最も大切なものは<br>新浪剛史氏インタビュー

社員を追い詰めながら業績をひねり出すのではなく、「まずは理念の共有」が新浪流。ローソンから移って5年目、サントリーホールディングスの舵を取る辣腕経営者が、米ビーム社統合でも貫かれた「社員を大事にする経営」の神髄を語る。