年収5000万円女子の婚活がこうも難しい理由

腰掛け希望だった彼女が求める「究極の男性」

普通の男性ならめったに知り合えない超高収入女性の実態に迫る(写真:progressman / PIXTA)

東京都港区で一人暮らしをする藤沢慶子さん(仮名)。外資系金融機関の営業ウーマンとして活躍する、30代半ばの女性だ。往年の松田聖子を彷彿とさせるルックス。彼女は年によって多少のばらつきはあるものの安定的に年収3000万~5000万円を稼ぐスーパーキャリアウーマンである。

今は企業経営者として辣腕を振るう本間晴恵さん(仮名)。やはり東京都港区に住む年齢40代後半の本間さんは、数年前までは外資系証券会社の幹部として活躍していた。当時の年収は5000万円をはるかに超え、億の単位にまで近づくこともあったという。

0.9%のスーパーキャリアウーマンの恋愛事情とは?

全サラリーマンの平均年収が400万円台のこの時代である。男性でも年収1000万円を稼ぐのはかなりの努力を必要とする。女性であればそれを達成するのは男性以上に困難なことだ。

国税庁が発表している2016年分の民間給与実態統計調査によると、年収1000万円超の女性の人数は19万2000人。調査対象となる女性の0.9%である。年収2500万円超に限ると、その人数はたった9000人、割合はわずか0.04%にすぎない。これ以上のデータはないが、年収5000万円クラスになると、さらに割合は低いとみられる。

このように、経済的な側面からは大成功を収めているスーパーキャリアウーマンであるが、こと結婚となると晩婚だったり、独身を貫いていたりする女性は少なくない。藤沢さんは現在、未婚で独身。本間さんが結婚したのは40代に入ってからだった。

あなたの周りにいるキャリアウーマンでも、外見はきれいな美女であるにもかかわらず、30代後半あるいは40代に入っても結婚もせずに仕事に明け暮れている女性が1人や2人頭の中に思い浮かぶのではないだろうか。

次ページ自らが「稼ぐ女」となったら…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
香港問題めぐり米中激突<br>加速するデカップリング

6月30日、「香港国家安全法」が施行されました。「一国二制度」の下での高度な自治が失われたとして、西側世界と中国の対立は一気に深まっています。米中経済の分離は、サプライチェーンの見直しなど、グローバル企業にも大きな変化を迫りそうです。