「まともに向き合えない」夫婦が話し合う方法

会話のこじれで遭難"しそうなときもある

前よりは分担について話しやすくなった

実際には、私はここまで理路整然と話せていたわけではありません。でも、わかりやすいようにこのマンガでは会話の一部を切り取って整理して紹介してみました。(実はこの「相談する作戦」の前に「情に訴える作戦」をやっていて「もうつらい、きつい、助けて……」的なのもやってみたのだけど、うちの場合あんまり効果なかったよ! 「ガラスの仮面」のひとり芝居のごとく、いろんな見せ方で頑張ってみたんだよ笑)

ところで、こんなふうに家族と(または恋人と)お互い冷静に話したい、という場合に、みなさんが工夫していることってありますか? 「うちはこうしてる! これがうまくいった!」というのがあれば、コメント欄でぜひ教えてください。きっと家庭の状況や家族の性格によっていろいろなんだろうな~。

というわけで、今回のまとめ。

怒るのにつかれた

お互いに冷静でいられる状況を
性格や環境などを踏まえて設定してみる。
怒るのではなく、相談する(当事者として考えてもらう)。

 

さて、次回も話し合い編の続きであります。ここまでは私が考えた作戦はこんなでしたよ、という話でしたが、話し合いというのは思いもしない話も出て来るもので……。そんなことを描きたいと思っています。

(体験談募集を送っていただいたみなさま、ありがとうございます! 興味深く読ませていただいております。特に具体的な夫婦の労働体系や分担方法を書いていただいた体験談にはとても考えさせられたことが多く……。いずれこのマンガにも生かせればと考えています。まだ募集しておりますので、夫婦がつかれなくなった体験談をお持ちの方は、こちらまでぜひお寄せいただけると嬉しいです。どうぞよろしくお願いいたします!)

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
怒涛の半導体&電池

ビッグデータとEVシフトで需要爆発の半導体と電池。今なお日本が強みを発揮できる分野だ。主要企業や市場シェアがわかる業界地図、市場拡大の波に乗る注目銘柄100を掲載。