メキシコ沖大地震、1メートル弱の津波も発生

震源地に近いオアハカ州では大きな被害

[フチタン(メキシコ) 8日 ロイター] - メキシコ南部沿岸で7日発生したマグニチュード(M)8.1の地震によりこれまでに少なくとも34人の死亡が確認された。太平洋津波警報センターによると、2.3フィート(0.7メートル)の津波も確認された。

米地質調査所(USGS)によると、震源は南部チアパス州のピヒヒアパンから南西に54マイル(87キロ)の地点で、震源の深さは43マイル。

震源が深かったことで被害はそれほど拡大していないが、震源地に近いオアハカ州のフチタンではホテルなどの建物が倒壊するの被害が出ている。

政府当局によるとオアハカ州で25人が死亡。チアパス州では7人の死亡が確認された。

国営石油会社ぺメックス<PEMX.UL>は地震発生を受け、施設の被害状況を調査している。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • コロナ後を生き抜く
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。