メキシコ沖大地震、1メートル弱の津波も発生

震源地に近いオアハカ州では大きな被害

[フチタン(メキシコ) 8日 ロイター] - メキシコ南部沿岸で7日発生したマグニチュード(M)8.1の地震によりこれまでに少なくとも34人の死亡が確認された。太平洋津波警報センターによると、2.3フィート(0.7メートル)の津波も確認された。

米地質調査所(USGS)によると、震源は南部チアパス州のピヒヒアパンから南西に54マイル(87キロ)の地点で、震源の深さは43マイル。

震源が深かったことで被害はそれほど拡大していないが、震源地に近いオアハカ州のフチタンではホテルなどの建物が倒壊するの被害が出ている。

政府当局によるとオアハカ州で25人が死亡。チアパス州では7人の死亡が確認された。

国営石油会社ぺメックス<PEMX.UL>は地震発生を受け、施設の被害状況を調査している。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
レノボ 変革への忍耐

パソコンの巨人レノボが、踊り場を迎え、変革へ苦悩している。直近の時価総額は2015年のピーク時に比べ3分の1以下。難局を打開できるのか?早大准教授・入山章栄氏がCEOを直撃。