LIXIL、大型買収でまずは北米攻略

国内はエディオンへ出資も、シャープ支援は否定

リストラが一巡したところで、成長路線への舵を任されたのが、この8月で就任20カ月目となるゴールド社長であり、今後は、LIXILの財務的な後ろ盾を得て、ブランド再建やマーケティング活動の再開、M&Aなどの積極策に打って出る構えだ。

ゴールド社長は、LIXILグループ傘下に入ることで、2016年までに年平均6~8%の売上高の成長と、粗利率26%(現状から5%ポイント改善)、営業利益8%以上(同)の達成を数値目標として掲げる。

また、現状で、同社は衛生陶器では北米首位の座を維持しているが、浴室や水栓器具など水回り製品全体ではコーラー社に次ぐ2位(11%)の地位にある。「5%ポイントのシェアを獲得し、トップを狙う」(ゴールド社長)としている。

国内ではエディオンに出資も、シャープ支援は否定

LIXILグループ全体でいえば、国内でもリフォーム事業強化の一環として8月26日に家電量販店・エディオンへの出資(持ち株比率8.0%の筆頭株主に浮上)を発表。また、決定事項はないとLIXIL側は否定したままだが、シャープへの出資の可能性も取り沙汰されている。

ただ、今回のASB買収は中期計画達成のため、という大きな目標には沿っているものの、LIXILグループの株価は6月末のASB買収発表後、2割前後も下落。買収の費用対効果に対する市場の評価はやや冷ややかにも見える。

規模拡大に向けた買収戦略の「次の一手」もさることながら、ペルマスティリーザやASBなどの世界的な有力企業と、LIXIL固有の強みとを結びつけ、どう具体的な成果に結びつけていくのか。グローバル経営の力量が問われるのはまさにこれからだろう。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • フランスから日本を語る
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT