トランプ政権はバノン解任でも米国第一主義

支持層が分断化されていく恐れも

ジョン・ケリー大統領首席補佐官としては、バノン氏が去ったホワイトハウスに一定の秩序を確立することができた。とはいえ、バノン氏は今後もブライトバートやツイッター、テレビなどを通じてトランプ氏に直接意見を伝える手段を有する、とあるホワイトハウス高官は述べた。

スタンフォード大学フーバー研究所のコリ・シェイク研究員は「特にトランプ氏がもし、ケリー首席補佐官が取り仕切るはっきりした権限の色分けや、マクマスター(安全保障担当補佐官)の秩序立った仕事の進め方によって動きを封じ込められたと感じる場合、(バノン氏は)恐らく外部からより効果的な方法で大統領を突き上げるだろう」と予想した。

さらにシェイク氏は「バノン氏は問題の原因ではなく兆候だったように見える。つまりトランプ氏はバノン氏のダークビジョンを共有し、バノン氏が代表するような人々に支持されるのを喜んでいるとみられる」と付け加えた。

共和党主流派などを攻撃する意向

バノン氏は18日、保守系週刊誌ウィークリー・スタンダードに対して、これからはブライトバートを使って、自ら掲げてきた大衆主義的・ナショナリスト的な政策に反対する共和党主流派などを容赦なく攻撃する考えを明らかにした。

具体的にバノン氏が外部から影響力を及ぼせる政策の1つとしては、国防問題が挙げられる。

トランプ政権の安全保障チームの大勢はアフガニスタンへの米軍増派だが、バノン氏は現在駐留する8400人の兵力を全面的に引き揚げるべきだと主張してきた。また北朝鮮に関しては軍事力行使を否定している。

別のトランプ政権高官は「バノン氏がブライトバートの読者層にアピールする以外何の意味もないような情報発信を続けるなら、極右派と伝統的な保守主義者、ヒラリー・クリントン氏が嫌いな中道派が緩やかにつながっているトランプ政権の支持層がどんどん分断化されていく恐れがある」と警戒感を募らせている。

(John Walcott、Steve Holland記者)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT