ドンキ、「銀行業は当然視野に入る」とCEO発言

居抜き物件等で今期も30店強を積極出店へ

 8月16日、ドンキホーテホールディングスの大原孝治社長兼CEO(最高経営責任者)はグループ事業説明会で、周辺事業のひとつとして、銀行業や金融業は「当然視野に入っている」と述べた。写真は都内で2014年5月撮影(2017年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 16日 ロイター] - ドンキホーテホールディングス <7532.T>の大原孝治社長兼CEO(最高経営責任者)は16日のグループ事業説明会で、周辺事業のひとつとして、銀行業や金融業は「当然視野に入っている」と述べた。

小売業は、レジにある現金の預け入れが必要になる。大原CEOは「売上金は日々溜まり、集金で回収してもらう。ATM(現金自動預け払い機)があるなら、ATMに入れれば良い」と述べた。

流通企業では、セブン&アイ・ホールディングス <3382.T>やイオン <8267.T>が銀行業を行っているほか、ローソン <2651.T>は銀行業参入に向けて準備会社を設立。ユニー・ファミリーマートホールディングス <8028.T>も参入を検討している。

ドンキホーテHDは、2017年6月期に32店舗、18年6月期には30店舗強(M&Aは除く)の積極的な新規出店を計画している。同社は、他社が閉鎖した店舗を活用した「居抜き物件」での出店を得意としている。大原CEOは「GMS(総合スーパー)の撤退店舗が思ったより少ない」とする一方で「風営法(風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律)の改正により、パチンコ店の廃業を考える経営者が多く出てきている。居抜きの方向性は違うが物件は非常に旺盛」と述べた。

(清水律子)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 買わない生活
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT