ドンキ、「銀行業は当然視野に入る」とCEO発言

居抜き物件等で今期も30店強を積極出店へ

 8月16日、ドンキホーテホールディングスの大原孝治社長兼CEO(最高経営責任者)はグループ事業説明会で、周辺事業のひとつとして、銀行業や金融業は「当然視野に入っている」と述べた。写真は都内で2014年5月撮影(2017年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 16日 ロイター] - ドンキホーテホールディングス <7532.T>の大原孝治社長兼CEO(最高経営責任者)は16日のグループ事業説明会で、周辺事業のひとつとして、銀行業や金融業は「当然視野に入っている」と述べた。

小売業は、レジにある現金の預け入れが必要になる。大原CEOは「売上金は日々溜まり、集金で回収してもらう。ATM(現金自動預け払い機)があるなら、ATMに入れれば良い」と述べた。

流通企業では、セブン&アイ・ホールディングス <3382.T>やイオン <8267.T>が銀行業を行っているほか、ローソン <2651.T>は銀行業参入に向けて準備会社を設立。ユニー・ファミリーマートホールディングス <8028.T>も参入を検討している。

ドンキホーテHDは、2017年6月期に32店舗、18年6月期には30店舗強(M&Aは除く)の積極的な新規出店を計画している。同社は、他社が閉鎖した店舗を活用した「居抜き物件」での出店を得意としている。大原CEOは「GMS(総合スーパー)の撤退店舗が思ったより少ない」とする一方で「風営法(風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律)の改正により、パチンコ店の廃業を考える経営者が多く出てきている。居抜きの方向性は違うが物件は非常に旺盛」と述べた。

(清水律子)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT