米法人減税にコーンNEC委員長が言及

「OECD平均の23%並み」に引き下げが必要

 8月4日、コーンNEC委員長は、ブルームバーグテレビのインタビューで、現在35%の米法人税率を少なくともOECD加盟国の平均である約23%に引き下げる必要があるとの考えを示した。6月撮影(2017年 ロイター/Joshua Roberts)

[ワシントン 4日 ロイター] - コーン米国家経済会議(NEC)委員長は4日、ブルームバーグテレビのインタビューで、現在35%の米法人税率を少なくとも経済協力開発機構(OECD)加盟国の平均である約23%に引き下げる必要があるとの考えを示した。

コーン氏は「OECDの平均税率を著しく上回ることはできない」とし、「他国の水準まで引き下げ、米国への投資を促す必要がある」と述べた。その上で、トランプ政権はできる限り税率を低く抑えるよう取り組むとあらためて表明した。

トランプ米大統領は法人税率を15%まで引き下げたい考えだが、共和党議員は実現の可能性は低いとみている。

ブルームバーグによると、減税支持派は米国の法人税率をOECD平均を下回る水準に引き下げれば、米企業が税率の低い国に設立した子会社で利益を計上する流れを阻止できると主張している。

コーン氏はまた、包括的な税制改革案を初秋までに策定するとのトランプ政権の見通しにあらためて言及し、「年内の最重要課題は税制改革だ」と強調した。

人気記事
トピックボードAD
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • スナックが呼んでいる
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
トヨタとソフトバンク<br>入り乱れる異業種連携

「モビリティサービス会社に変わる」宣言をしたトヨタ自動車が、常に先を行くソフトバンクに頭を下げた。世界企業の合従連衡を1枚で表した「自動車・IT業界地図」に崩れる垣根が一目瞭然。