米法人減税にコーンNEC委員長が言及

「OECD平均の23%並み」に引き下げが必要

 8月4日、コーンNEC委員長は、ブルームバーグテレビのインタビューで、現在35%の米法人税率を少なくともOECD加盟国の平均である約23%に引き下げる必要があるとの考えを示した。6月撮影(2017年 ロイター/Joshua Roberts)

[ワシントン 4日 ロイター] - コーン米国家経済会議(NEC)委員長は4日、ブルームバーグテレビのインタビューで、現在35%の米法人税率を少なくとも経済協力開発機構(OECD)加盟国の平均である約23%に引き下げる必要があるとの考えを示した。

コーン氏は「OECDの平均税率を著しく上回ることはできない」とし、「他国の水準まで引き下げ、米国への投資を促す必要がある」と述べた。その上で、トランプ政権はできる限り税率を低く抑えるよう取り組むとあらためて表明した。

トランプ米大統領は法人税率を15%まで引き下げたい考えだが、共和党議員は実現の可能性は低いとみている。

ブルームバーグによると、減税支持派は米国の法人税率をOECD平均を下回る水準に引き下げれば、米企業が税率の低い国に設立した子会社で利益を計上する流れを阻止できると主張している。

コーン氏はまた、包括的な税制改革案を初秋までに策定するとのトランプ政権の見通しにあらためて言及し、「年内の最重要課題は税制改革だ」と強調した。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT