JT、国内たばこ販売計画を930億本に下方修正

2017年12月期、従来計画は960億本

 8月2日、JTは2017年12月期(国際会計基準)の業績予想を上方修正した。「たばこベイパー(蒸気)」市場の広がりを受けて国内の紙巻きたばこの販売計画は下方修正したものの、海外たばこ事業における前提為替の見直しや医薬品事業のロイヤルティー収入の増加などを背景に増額修正した。写真は都内で昨年5月撮影(2017年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 2日 ロイター] - JT<2914.T>は2日、2017年12月期(国際会計基準)の業績予想を上方修正した。「たばこベイパー(蒸気)」市場の広がりを受けて国内の紙巻きたばこの販売計画は下方修正したものの、海外たばこ事業における前提為替の見直しや医薬品事業のロイヤルティー収入の増加などを背景に増額修正した。

国内紙巻きたばこ販売計画は下方修正

連結売上収益は2兆1100億円から2兆1250億円(前年比0.9%減)、営業利益は5600億円から5650億円(同4.8%減)へと引き上げた。トムソン・ロイターのスターマイン調査がまとめたアナリスト20人の営業利益予測の平均値は5768億円で、会社計画はこれを下回っている。

海外たばこ事業では、中東やアフリカなど一部市場での事業環境を踏まえて総販売数量の計画を40億本下方修正。ただ、ポンドやユーロのドルへの換算レート、ドルから円への換算レートを見直したことで、利益面では上方修正となっている。

通期の国内紙巻きたばこの販売計画は960億本(前年比9.6%減)から930億本(同12.4%減)へと下方修正した。喫煙人口の減少が続くなか、「たばこベイパー」市場が想定以上に広がっており、紙巻きたばこからのシフトが起きている。

次ページプルーム・テック向け投資は前倒し
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT