蓮舫氏・稲田氏「ダブル辞任」でも違いはある

自ら「ガラスの天井」に頭ぶつけた2人の今後

稲田氏は首相の「秘蔵っ子」とされ、「首相が要職に就け続けたことで『首相候補への階段』を速足で上ってきた」(自民幹部)ことは事実。それだけに今回の更迭は「泣いて馬謖(ばしょく)を切った」(同)というよりも、「これ以上かばったら、首相の任命責任が倍加する」(長老)との危機感から「首相が自ら引導を渡した」のが実情だろう。

こうしたドタバタ劇の中、27日夜から28日午後にかけてのメデイアの報道ぶりは「稲田辞任」が「蓮舫辞任」を圧倒した。大手紙の28日朝刊の一面トップも「稲田辞任」で「蓮舫辞任」は2番手だった。どちらも、自らがトップに立つ組織を「統率できなかった」ことが理由だが、当面の国政への影響の大きさの「差」が報道にも反映した格好だ。

「加計問題疑惑」など安倍政権の政治姿勢をテーマとした25日の参院予算委閉会中審査では蓮舫氏が稲田氏を「防衛省をしっかり統率できていない」と舌鋒鋭く追及したばかり。その蓮舫氏が27日の辞任会見で「統率力が不足していた」と反省したあたりは「"ブーメラン民進党"を地で行く」(自民幹部)ことにもなった。「首相に対峙する党代表と、内閣の一閣僚という立場の差も無視したメディアの対応」(民進党幹部)は、存在意義まで問われる民進党の党勢衰退を浮き彫りにしている。

絶望的な稲田氏、展望を描ける蓮舫氏

49歳の蓮舫氏と58歳の稲田氏。男性政治家に伍して毅然として振る舞う"男前"の蓮舫氏と、タカ派的言動とは裏腹の「頼りなげな風情で男心をくすぐる」(自民幹部)稲田氏ではキャラクターの違いが際立つ。ただ、「政財界の長老的男性に巧妙に取り入る"爺殺し"」(自民長老)という評価では共通する。

これまでは両氏は、将来の首相候補として名前が挙がる「女性政治家の星」とみられてきた。今回の辞任劇でそろって「ゼロから出直し」を迫られることになるが、どちらも再起への道筋が見えない点も同じだ。

ただ、稲田氏は「もともと首相に気に入られて取り立てられただけ。政治家としての見識のなさを露呈しての辞任で、再起は絶望的」(自民幹部)との厳しい見方が支配的だが、「もう一度、自分に何が足りないかを考え抜く」という蓮舫氏のほうはまだ将来への展望は残る。民進党の「政権交代の受け皿になれる強い党」への再生が絶望視される中、「来るべき政界再編の渦を、政治家としていかに泳ぎ切るか」(民進党長老)が蓮舫氏の当面の課題となりそうだ。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT