アマゾンがシンガポールで速配サービス開始

商品を2時間以内に配達してアリババに対抗

 7月27日、米インターネット小売り大手アマゾン・ドット・コムは、注文商品を2時間以内に配達するサービス「プライム・ナウ」をシンガポールで開始した。写真は「プライム・ナウ」のロゴ、シンガポールで27日撮影(2017年 ロイター/Edgar Su)

[シンガポール 27日 ロイター] - 米インターネット小売り大手アマゾン・ドット・コム<AMZNO.O>は27日、注文商品を2時間以内に配達するサービス「プライム・ナウ」をシンガポールで開始した。

アマゾンはすでにシンガポールで事業を展開しているが、ビデオ視聴や速配サービスの特典がある会員制プログラム「アマゾン・プライム」はこれまで提供していなかった。

27日から「プライム・ナウ」の利用が可能に

アマゾンのウェブサイトによると、27日からシンガポールで「プライム・ナウ」の利用が可能になった。

アマゾンはシンガポールでのサービス拡充を足掛かりに、ネット通販がまだ普及していない東南アジアに進出し、中国のライバル、アリババ・グループ・ホールディング<BABA.N>に対抗する考え。

アリババは先月、東南アジアのネット通販大手ラザダ・グループに10億ドルを追加出資し、ラザダに対する出資比率を83%とした。

アリババは4月からシンガポールで、アマゾンの「プライム」と類似した会員制プログラム「LiveUp」を展開。米配車サービス大手ウーバー、米動画配信サービス大手ネットフリックス<NFLX.O>、現地のネットスーパー大手レッドマートなどで特典が受けられるという。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
  • 若者のための経済学
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT