最新版!「首都圏の鉄道混雑率」ランキング

おなじみのワースト5に「新顔」が登場

逆に、最も混雑率が下がったのはゆりかもめ(竹芝→汐留間)で、130%から116%へと大幅に低下した。利用者数も約1000人減っているが、これには計測上の理由もある。2016年度の混雑率は8~9時の数値だが、2015年度は18時~19時なのだ。

前年度と違う時間帯のデータとしたのは「朝と夕方を比べて、今回は朝のほうが混雑していたため」(ゆりかもめ)。同線は沿線に東京ビッグサイトがあり、日常利用の通勤客らに加えてイベント参加者の利用もあるため、乗車率が変動しやすい。利用者数そのものは横ばいだが、新型車両の導入とダイヤ改正で輸送力が増えたため、夕方の混雑率は114%程度まで下がっているという。

来年度以降はどうなる?

今後、首都圏の鉄道で大幅な混雑緩和が期待できそうなのは、現在はワースト5にランクインしている小田急線。2018年春に複々線が完成すれば混雑率は160%台まで下がる予定だ。そのほかにも、東急大井町線の急行7両編成化やつくばエクスプレスの一部車両ロングシート化など、混雑緩和につながりそうな施策はいくつかある。まずは混雑率190%を超す「激混み」路線の早急な緩和が望まれる。

次ページ混雑率160%台以下の顔ぶれは
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 雨宮塔子から見える景色
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 不安な時代、不機嫌な人々
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT