南極で史上最大級「1兆トン」の氷山が分離

面積5800平方キロで三重県とほぼ同サイズ

 7月12日、英スウォンジー大学と英南極調査所(BAS)によると、10─12日の間に、南極最大の氷棚ラーセンCから重さ1兆トン、面積5800平方キロで、三重県やインドネシアのバリ島ほどの大きさの史上最大級の氷山が分離した。欧州宇宙機関からの提供写真(2017年 ロイター/Courtesy ESA)

[ロンドン 12日 ロイター] - 英スウォンジー大学と英南極調査所(BAS)によると、10─12日の間に、南極最大の氷棚ラーセンCから史上最大級の氷山が分離した。

氷山は、重さ1兆トン、面積5800平方キロで、三重県やインドネシアのバリ島ほどの大きさ。A68と命名される可能性が高いとみられている。

欧州宇宙機関(ESA)が冬季を通じて衛星を駆使して氷上の割れ目を監視しており、数カ月にわたり分離寸前の状況にあったという。

ラーセンCのある南極半島は主要な貿易ルートからははずれているが、南米からくる客船の重要な目的地となっており、分離により船舶に対する危険が増加した。

ただ、分離前から海上で浮揚していたため、分離で海面の高さが直ちに影響を受けることはない。分離により、ラーセンCの面積は12%以上縮小した。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「日本の外交」超入門
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 若手社員のための「社会人入門」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。