南極で史上最大級「1兆トン」の氷山が分離

面積5800平方キロで三重県とほぼ同サイズ

 7月12日、英スウォンジー大学と英南極調査所(BAS)によると、10─12日の間に、南極最大の氷棚ラーセンCから重さ1兆トン、面積5800平方キロで、三重県やインドネシアのバリ島ほどの大きさの史上最大級の氷山が分離した。欧州宇宙機関からの提供写真(2017年 ロイター/Courtesy ESA)

[ロンドン 12日 ロイター] - 英スウォンジー大学と英南極調査所(BAS)によると、10─12日の間に、南極最大の氷棚ラーセンCから史上最大級の氷山が分離した。

氷山は、重さ1兆トン、面積5800平方キロで、三重県やインドネシアのバリ島ほどの大きさ。A68と命名される可能性が高いとみられている。

欧州宇宙機関(ESA)が冬季を通じて衛星を駆使して氷上の割れ目を監視しており、数カ月にわたり分離寸前の状況にあったという。

ラーセンCのある南極半島は主要な貿易ルートからははずれているが、南米からくる客船の重要な目的地となっており、分離により船舶に対する危険が増加した。

ただ、分離前から海上で浮揚していたため、分離で海面の高さが直ちに影響を受けることはない。分離により、ラーセンCの面積は12%以上縮小した。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT