「牛丼は1杯1000円だって全然おかしくない」

スパークス阿部修平氏が語る日本株の行方

日本はあらゆるものの価格が安すぎる。牛丼は世界標準なら1000円だっておかしくない。今後、もし価格が上がるとしたら、どんなことが待っているのか(撮影:今井康一)
日経平均株価は再び2万円を回復。もう一段の上昇余地があるのかどうか、市場参加者の意見はなお分かれる。さまざまな思惑が交錯するなか、スパークス・グループ代表取締役社長の阿部修平氏に、今後の日本株の行方について聞いた。

日本でも世界でもこれからインフレになると考えるワケ

日本株は絶好の投資タイミングを迎えている。

このように言うと、いろいろなところから反論が飛んできそうだ。日経平均株価は現在2万円台を維持しているが、上昇からすでに4年半が経過しようとしている。いくら何でも、そろそろ下落に転じるのではないか、というのが、世の中の意見の大勢だと思う。

でも、それは違う。

アベノミクスが始まって4年半。日本経済はなお、デフレの残滓(ざんし)を引きずっていた。「生鮮食品を除く総合」で消費者物価指数を見ると、昨年12月まで約1年間にわたり、前年同月比でマイナスが続いていた。

有効求人倍率は、小泉純一郎政権だった当時、全国平均では1倍を超え、労働需給はタイト化していたが、地方に目を向けると、決して好調ではなかった。当時の雇用環境は、大都市圏においては好調だったものの、地方は惨憺(さんたん)たるありさまだったのだ。また労働分配率は、1989年にベルリンの壁が崩壊して以降、世界的に下がり続けた。労働力の供給が倍増したからだ。

このように、国内外共にこれまではデフレの環境にあった。それがここに来て、徐々にインフレの環境へと転換しつつある。

世界の生産年齢人口はピークアウトし、徐々に下がり始めている。先進国は言うに及ばず、新興国においても生産年齢人口が減少し始めたのだ。働く人の数が減れば、やがて賃金は上昇へと向かう。その兆しが、世界の生産年齢人口のデータから見て取れる。

一方、日本に目を向けると、5月の有効求人倍率は1.49倍になり、バブル期を超え43年ぶりの高水準となった。しかも小泉政権当時、地方の雇用環境は悪かったが、今は地方も含め、全国規模で雇用環境が良くなってきている。また、昨年12月まで前年同月比マイナスを続けていた消費者物価指数は、今年に入ってからプラスに転じた。不動産バブル崩壊後、あれだけ長期にわたって下落傾向が続いた地価も、上昇している。

このように、徐々にではあるが、国内外のデフレ圧力は軽減されつつある。これは株式市場にとってポジティブな材料だ。

次ページ日本がインフレに向かう象徴的な事件がついに起きた
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • 女性の美学
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大論争! 財政再建か財政拡張か<br>消費増税延期論やMMT台頭も

株価急落と国内景気の減速で、消費増税の延期論が勃発した。根強く残る財政拡張派の主張は正しいのか。世界的な低金利の継続で台頭したMMT(現代貨幣理論)を含め、争点を検証する。小峰隆夫氏ら4人のエコノミストによる座談会も収録。