JR中央線快速、こうすれば混雑を解消できる

京葉線を東京から三鷹へ延伸する案も

中央線快速は1時間に4万4400人を運ぶことができる(写真:スポッティー / PIXTA)

中央線は、現在、最混雑時1時間に30本、最短間隔は1分50秒で運転しているが、これは全国のJR路線(複線)で最大の本数である。

なお、地下鉄や私鉄を含めると、1時間に32本運転している丸ノ内線が最多の運転本数である。しかし、こちらは1両の長さが18メートル級の6両編成で、1編成の輸送力は中央線の半分にすぎない。2番目は銀座線の30本で、こちらは16メートル級の小型車の6両編成で、丸ノ内線より1列車あたりの輸送力は小さい。

中央線快速の輸送力は1時間に4万人超

中央線は、1両20メートルで車体の裾を絞った広幅車のE233系10両編成である。日本では、常磐線の快速電車が同じサイズの車両15両編成で、1編成としては最大の輸送力である。高崎線・宇都宮線・総武快速線・横須賀線・東海道本線・常磐線中距離電車も、同じく15両編成であるが、そのうちの2両はグリーン車で定員は少なく、混雑率の計算には含まれない。

また、1時間あたりの輸送力については、グリーン車2両を含む15両編成で運転している東海道本線が1時間に19本を運転して、輸送力は3万5036人である。中央線快速は1時間に4万4400人を運ぶことができるので大きく上回る。路線の定義次第で差異が生じるが、中央線快速は国内で最大の輸送力である。続くのは、東武伊勢崎線の4万4364人であるが、こちらは複々線全体の輸送力である。中央線も、快速線だけでなく複々線の一方である緩行線の輸送力の3万4040人を加えると、7万8440人と、さらに大きな数字となる。

このように巨大な輸送力を持つ中央線快速電車であるが、それでも、最混雑区間の中野から新宿までの混雑率は、平成26(2014)年191%、平成27年188%に達する。

将来的には、平成32 (2020)年をめど(その後、延期されたが完成時期は決まっていない)に、グリーン車2両を連結して12両編成とする計画が進んでいる。中央線では、特急「スーパーあずさ」が12両編成で運転しているので、停車駅の新宿駅、立川駅、八王子駅は12両編成に対応している。そのほかの駅のホームは、10両ないし11両対応として建設され、220~240メートルの長さがある。

次ページ中央緩行線の増強も必要
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
  • 今見るべきネット配信番組
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT