マック五輪撤退、2020年東京大会は協賛せず

1976年から最高位パートナーだったが…

6月16日、国際オリンピック委員会は、オリンピックへの協賛を1976年から41年にわたり継続してきた米ファストフード大手マクドナルドとの契約終了を発表した。写真は同社のロゴ。ロサンゼルスで2016年4月撮影(2017年 ロイター/Lucy Nicholson)

[ニューヨーク/ベルリン 16日 ロイター] - 国際オリンピック委員会(IOC)は16日、オリンピックへの協賛を1976年から41年にわたり継続してきた米マクドナルドとの契約終了を発表した。中核事業への注力のほか、協賛料の高騰やテレビ視聴率の低下などが背景とみられている。

マクドナルドは最高位(TOP)スポンサープログラムの一員として2020年東京五輪までの契約を残していたが異例の撤退となった。2018年冬季五輪平昌大会では韓国内に限定した国内スポンサーとして残るという。

マクドナルドのグローバル最高マーケティング責任者(CMO)、シルビア・ラグナド氏は、「われわれは事業のあらゆる側面を再検討しており、他の優先事項に注力するためにIOCの協力により決定した」と述べた。

IOCはマクドナルドの代わりのスポンサーについて計画はないとしたが、関係筋によると来週にもインテルとの新たなグローバル契約を公表するとみられている。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 御社のオタクを紹介してください
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
史上最大の上場に賭ける<br>ソフトバンクの思惑

12月19日、ソフトバンクが上場する。過去最大規模の超大型上場だが、祭りの後は楽観できない。親子上場による利益相反、高い配当性向、キャッシュの流出など懸念材料は多数。同社の大胆な戦略の前提である安定した収益成長が崩れる日、事態は……。