UPSのサンフランシスコ配送施設で銃乱射

容疑者含む4人が死亡

 6月14日、米宅配大手ユナイテッド・パーセル・サービスのサンフランシスコの配送施設(写真)で、同社のユニフォームを着用し武装した男が銃を乱射し、3人が死亡した。(2017年 ロイター/Stephen Lam)

[サンフランシスコ 14日 ロイター] - 米宅配大手ユナイテッド・パーセル・サービス(UPS)<UPS.N>のサンフランシスコの配送施設で14日、同社のユニフォームを着用し武装した男が銃を乱射し、3人が死亡、2人が負傷した。

乱射した男も自分で頭部を撃ち、死亡した。

UPSの投資家向け広報担当によると、乱射した男と犠牲者は全員UPSの運転手。

当局は今回の事件がテロとは無関係としているものの、動機などは明らかになっていない。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
会計新基準<br>「売上高」が変わる

売上高が6割減にもかかわらず、営業利益は増えた企業も現れた。会計の新基準を適用した結果だ。全産業にかかわる過去最大の基準変更が今年から徐々に広がっていく。