ソニー株4000円台回復、8年8カ月ぶり高値

有機ELテレビの再参入などを市場が評価

 5月9日、ソニーが堅調。4000円台を回復し、取引時間中としては2008年9月以来、8年8カ月ぶりの高値水準を付けた。写真は都内本社で2015年4月撮影(2017年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 9日 ロイター] - 東京株式市場で9日、ソニー<6758.T>株が堅調。4000円台を回復し、取引時間中としては2008年9月以来、8年8カ月ぶりの高値水準を付けた。

前日に有機ELテレビへの再参入を発表している。「トップラインを伸ばす取り組みへの期待感が出ている。株価が4000円台を回復したことで売り方の買い戻しも入ったようだ」(国内証券)との声が出ている。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT