ソニー株4000円台回復、8年8カ月ぶり高値

有機ELテレビの再参入などを市場が評価

 5月9日、ソニーが堅調。4000円台を回復し、取引時間中としては2008年9月以来、8年8カ月ぶりの高値水準を付けた。写真は都内本社で2015年4月撮影(2017年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 9日 ロイター] - 東京株式市場で9日、ソニー<6758.T>株が堅調。4000円台を回復し、取引時間中としては2008年9月以来、8年8カ月ぶりの高値水準を付けた。

前日に有機ELテレビへの再参入を発表している。「トップラインを伸ばす取り組みへの期待感が出ている。株価が4000円台を回復したことで売り方の買い戻しも入ったようだ」(国内証券)との声が出ている。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 離婚のリアル
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
進撃の商社<br>純利益1兆円への野望

資源価格の反発で総合商社の業績は絶好調、非資源での新規ビジネス創出にも余念がない。純利益1兆円突破への期待も出てきた今、商社の実力を総点検する。5大商社のトップがそろい踏み、「人材編」にはイラストで各社のキャラ解説も。