ソニー株4000円台回復、8年8カ月ぶり高値

有機ELテレビの再参入などを市場が評価

 5月9日、ソニーが堅調。4000円台を回復し、取引時間中としては2008年9月以来、8年8カ月ぶりの高値水準を付けた。写真は都内本社で2015年4月撮影(2017年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 9日 ロイター] - 東京株式市場で9日、ソニー<6758.T>株が堅調。4000円台を回復し、取引時間中としては2008年9月以来、8年8カ月ぶりの高値水準を付けた。

前日に有機ELテレビへの再参入を発表している。「トップラインを伸ばす取り組みへの期待感が出ている。株価が4000円台を回復したことで売り方の買い戻しも入ったようだ」(国内証券)との声が出ている。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT