主要産油国、25日の会合で減産延長合意へ

減産幅の拡大は見込み薄、先物相場は急落

FILE PHOTO: A flag with the Organization of the Petroleum Exporting Countries (OPEC) logo is seen before a news conference at OPEC's headquarters in Vienna, Austria December 10, 2016. REUTERS/Heinz-Peter Bader/File Photo

[ロンドン/ムンバイ 4日 ロイター] - 石油輸出国機構(OPEC)と非加盟の主要産油国は25日開催される会合で、6月に期限を迎える協調減産を延長することで合意する見通し。だが、減産幅を拡大する公算は小さいという。関係筋が4日、明らかにした。

あるOPEC筋は「減産合意の順守状況はすでに良好であるため、サプライズは想定していない」とし、減産拡大の可能性は低いと話す。

一段の供給削減は見込めないと伝わったことで、原油先物相場はおよそ5%急落。北海ブレント先物<LCOc1>は1バレル48.32ドル、米WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)先物<CLc1>は45.39ドルまで売られ、OPECが減産で合意した昨年11月30日以来の安値に沈んだ。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
すごいベンチャー100<br>2019年最新版

ファンドが大型化しマネーが殺到するベンチャー企業。大化け期待の日本発 “金の卵” 100社を厳選。アプリで禁煙治療、空飛ぶバイク、ハエで肥料生成など異色のアイデアを満載。プリファードなどユニコーンの現在地やIPO後の株価の検証も。

  • 新刊
  • ランキング