主要産油国、25日の会合で減産延長合意へ

減産幅の拡大は見込み薄、先物相場は急落

FILE PHOTO: A flag with the Organization of the Petroleum Exporting Countries (OPEC) logo is seen before a news conference at OPEC's headquarters in Vienna, Austria December 10, 2016. REUTERS/Heinz-Peter Bader/File Photo

[ロンドン/ムンバイ 4日 ロイター] - 石油輸出国機構(OPEC)と非加盟の主要産油国は25日開催される会合で、6月に期限を迎える協調減産を延長することで合意する見通し。だが、減産幅を拡大する公算は小さいという。関係筋が4日、明らかにした。

あるOPEC筋は「減産合意の順守状況はすでに良好であるため、サプライズは想定していない」とし、減産拡大の可能性は低いと話す。

一段の供給削減は見込めないと伝わったことで、原油先物相場はおよそ5%急落。北海ブレント先物<LCOc1>は1バレル48.32ドル、米WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)先物<CLc1>は45.39ドルまで売られ、OPECが減産で合意した昨年11月30日以来の安値に沈んだ。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 内田衛の日々是投資
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。