米ユナイテッド航空、負傷の男性客と和解 

和解金の額は不明

 4月27日、米シカゴの空港で今月、オーバーブッキング(過剰予約)となったユナイテッド航空3411便から男性客が強制的に降ろされた問題を巡り、ユナイテッド航空とこの男性は和解したことを発表した。写真は男性が引きずりおろされる様子を、他の乗客が撮影した映像の静止画(2017年 ロイター/Jayse D. Anspach)

[シカゴ 27日 ロイター] - 米シカゴの空港で今月、オーバーブッキング(過剰予約)となったユナイテッド航空3411便から男性客が強制的に降ろされた問題を巡り、ユナイテッド航空<UAL.N>とこの男性は27日、和解したことを発表した。

和解金の額は明らかにしていない。

離陸前の機内で男性が座席から引きずり出される動画はインターネット上で拡散され、同社とムニョス最高経営責任者(CEO)の対応に世界中から批判が殺到していた。

男性は、シカゴ航空警察職員に機内から引きずり出される際に鼻を骨折するなどのけがを負った。

男性の代理人は、ユナイテッド航空は「シカゴ市を含む他者の責任を追及することなく、3411便で起きたことの全責任を取った」と説明。同社以外を相手取って訴訟を継続する必要はなくなったと述べた。

ユナイテッド航空は声明で、3411便で起きた「不運な出来事の円満解決」を歓迎すると表明した。

シカゴ市長は和解についてのコメントを拒否した。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナウイルスの恐怖
  • 若者のための経済学
  • 今日も香港から
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
船・港――海の経済学<br>ニッポンの生命線が危ない

環境規制の強化によって、日本の海運会社は大きな投資を迫られています。中韓に敗れた日本の造船業界はさらなる再編が不可避に。日本の港湾の競争力低下も止まりません。「海をめぐるグローバル競争」の最前線を掘り下げます。