アマゾン1─3月期、利益・売上高予想上回る

クラウドなどが好調、株価も上場来高値

 4月27日、米オンライン小売り大手アマゾン・ドット・コムが発表した第1・四半期(3月末終了)決算は、利益と売上高がいずれも市場予想を上回った。写真はロゴ、ニューヨークで昨年1月撮影(2017年 ロイター/Mike Segar)

[27日 ロイター] - 米オンライン小売り大手アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>が発表した第1・四半期(3月末終了)決算は、利益と売上高がいずれも市場予想を上回った。小売り、クラウド事業のほか、広告や会員制サービスで売り上げが伸びた。

決算発表を受け、株価は引け後の時間外取引で上場来高値を付けた。

純利益は41.1%増の7億2400万ドル(1株当たり1.48ドル)。前年同期は5億1300万ドル(同1.07ドル)だった。最終損益が黒字となるのはこれで8四半期連続。

トムソン・ロイター・エスティメーツがまとめたアナリストの1株利益予想は1.12ドルだった。

純売上高は22.6%増の357億1000万ドルで、アナリスト予想を若干上回った。

ベアード・エクイティ・リサーチのアナリスト、コリン・セバスチャン氏は「主力のEコマース(電子商取引)部門は引き続き非常に健全だ」とした上で、「会員制サービスや広告の伸びがかなり加速し、目立った変化をもたらしつつあり、利益率の改善につながる」と指摘した。

会員制サービスの売り上げは52%増。「アマゾン・プライム」への加入が好調だった。

クラウド事業「アマゾン・ウェブ・サービス(AWS)」の売上高は42.7%増の36億6000万ドル。ファクトセット・ストリートアカウントがまとめたアナリスト予想と一致した。

地域別では北米の売上高が23.5%増の209億9000万ドルとなった。

アマゾンは、ドル高によって総売上高が4億9200万ドル押し下げられたと指摘。また、前年同期はうるう年によって日数が1日多かったため、当期は前年比較の面で不利だった点にも言及した。

海外部門では営業損益が4億8100万ドルの赤字となった。アマゾンはインドでのシェア拡大に向けた50億ドル超の投資などを明らかにしている。

ブライアン・オルサフスキー最高財務責任者(CFO)は電話会見で「米国で機能している多くの戦略を海外でも展開している」と述べた。

第2・四半期の営業利益は4億2500万─10億7500万ドルと予想。ファクトセット・ストリートアカウントがまとめたアナリスト予想の14億6000万ドルを下回った。

第2・四半期の売上高は352億5000万─377億5000万ドルと予想。アナリストは368億7000万ドルを見込んでいる。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT