スペースワールド跡地はイオンの新業態に?

新日鉄住金がイオンモールと優先交渉

 4月25日、北九州市のテーマパーク「スペースワールド」の跡地利用について、イオンモールが優先交渉権を得て、土地を保有する新日鉄住金と交渉していることが分かった。写真は千葉で昨年11月撮影(2017年 ロイター/Kim Kyung Hoon)

[東京 25日 ロイター] - 北九州市のテーマパーク「スペースワールド」の跡地利用について、イオンモール <8905.T>が優先交渉権を得て、土地を保有する新日鉄住金<5401.T>と交渉していることが分かった。イオンモールの広報担当者が明らかにした。商業施設やエンターテイメント、カルチャーなどを融合した「新業態」が検討されている。

1990年に開業した「スペースワールド」は、今年12月末で閉園する。閉園後の跡地利用については、国内外から集客できるような施設が期待されており、具体的な詰めは、福岡県、北九州市、新日鉄住金、イオンモールの4者で行っていく。イオングループは現在、スペースワールドの隣接地で「イオンモール八幡東」を運営している。

 

(清水律子)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。