スペースワールド跡地はイオンの新業態に?

新日鉄住金がイオンモールと優先交渉

 4月25日、北九州市のテーマパーク「スペースワールド」の跡地利用について、イオンモールが優先交渉権を得て、土地を保有する新日鉄住金と交渉していることが分かった。写真は千葉で昨年11月撮影(2017年 ロイター/Kim Kyung Hoon)

[東京 25日 ロイター] - 北九州市のテーマパーク「スペースワールド」の跡地利用について、イオンモール <8905.T>が優先交渉権を得て、土地を保有する新日鉄住金<5401.T>と交渉していることが分かった。イオンモールの広報担当者が明らかにした。商業施設やエンターテイメント、カルチャーなどを融合した「新業態」が検討されている。

1990年に開業した「スペースワールド」は、今年12月末で閉園する。閉園後の跡地利用については、国内外から集客できるような施設が期待されており、具体的な詰めは、福岡県、北九州市、新日鉄住金、イオンモールの4者で行っていく。イオングループは現在、スペースワールドの隣接地で「イオンモール八幡東」を運営している。

 

(清水律子)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
  • 今見るべきネット配信番組
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT