スペースワールド跡地はイオンの新業態に?

新日鉄住金がイオンモールと優先交渉

 4月25日、北九州市のテーマパーク「スペースワールド」の跡地利用について、イオンモールが優先交渉権を得て、土地を保有する新日鉄住金と交渉していることが分かった。写真は千葉で昨年11月撮影(2017年 ロイター/Kim Kyung Hoon)

[東京 25日 ロイター] - 北九州市のテーマパーク「スペースワールド」の跡地利用について、イオンモール <8905.T>が優先交渉権を得て、土地を保有する新日鉄住金<5401.T>と交渉していることが分かった。イオンモールの広報担当者が明らかにした。商業施設やエンターテイメント、カルチャーなどを融合した「新業態」が検討されている。

1990年に開業した「スペースワールド」は、今年12月末で閉園する。閉園後の跡地利用については、国内外から集客できるような施設が期待されており、具体的な詰めは、福岡県、北九州市、新日鉄住金、イオンモールの4者で行っていく。イオングループは現在、スペースワールドの隣接地で「イオンモール八幡東」を運営している。

 

(清水律子)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
現場に厳しく、幹部に甘い<br>日本郵便・社員大量処分の杜撰

かんぽ生命の不適正販売をめぐって、社員の大量処分が進んでいますが、その現場からは不満の声ばかり聞こえてきます。営業現場に責任を押し付けるのではなく、日本郵便の本社・支社、かんぽが自らの非を認める日はいつ訪れるのでしょうか。

東洋経済education×ICT