大型の小惑星、19日に地球近くを通過へ

家庭用望遠鏡でも観測可能

 4月18日、米航空宇宙局(NASA)の科学者らは、推定直径600─1400メートルの大型小惑星「2014 J025」が19日、地球から約180万キロの近距離を通過するが、影響を及ぼす恐れはないと発表した。写真は2015年7月NASA提供の地球のEPIC画象(2017年 ロイター)

[18日 ロイター] - 米航空宇宙局(NASA)の科学者らは、推定直径600─1400メートルの大型小惑星「2014 J025」が19日、地球から約180万キロの近距離を通過するが、影響を及ぼす恐れはないと発表した。

小惑星は2014年5月に発見されたもので、この規模の惑星が地球にこれほど接近するのは2004年以来となる。

J025の反射は月の2倍程度。通過するのは地球と月の距離の4.6倍。肉眼では見られないが、19日から1─2日は夜に家庭用望遠鏡で見ることができるという。

J025が地球にこの距離まで接近することは、少なくとも今後500年ないという。2027年には、直径800メートルの小惑星「1999 AN10」が、月よりやや近い上空となる地球から38万キロの距離を通過すると予想されている。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT