大型の小惑星、19日に地球近くを通過へ

家庭用望遠鏡でも観測可能

 4月18日、米航空宇宙局(NASA)の科学者らは、推定直径600─1400メートルの大型小惑星「2014 J025」が19日、地球から約180万キロの近距離を通過するが、影響を及ぼす恐れはないと発表した。写真は2015年7月NASA提供の地球のEPIC画象(2017年 ロイター)

[18日 ロイター] - 米航空宇宙局(NASA)の科学者らは、推定直径600─1400メートルの大型小惑星「2014 J025」が19日、地球から約180万キロの近距離を通過するが、影響を及ぼす恐れはないと発表した。

小惑星は2014年5月に発見されたもので、この規模の惑星が地球にこれほど接近するのは2004年以来となる。

J025の反射は月の2倍程度。通過するのは地球と月の距離の4.6倍。肉眼では見られないが、19日から1─2日は夜に家庭用望遠鏡で見ることができるという。

J025が地球にこの距離まで接近することは、少なくとも今後500年ないという。2027年には、直径800メートルの小惑星「1999 AN10」が、月よりやや近い上空となる地球から38万キロの距離を通過すると予想されている。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の株入門<br>『会社四季報』公式!銘柄ガイド

コロナ禍で株価が激動、将来不安や在宅勤務で「株デビュー」する人が増えています。チャートの読み方、お得な優待銘柄、ネット証券の選び方など株式投資の入門情報を満載。四季報最新号のランキングによる銘柄選びも。

東洋経済education×ICT