大型の小惑星、19日に地球近くを通過へ

家庭用望遠鏡でも観測可能

 4月18日、米航空宇宙局(NASA)の科学者らは、推定直径600─1400メートルの大型小惑星「2014 J025」が19日、地球から約180万キロの近距離を通過するが、影響を及ぼす恐れはないと発表した。写真は2015年7月NASA提供の地球のEPIC画象(2017年 ロイター)

[18日 ロイター] - 米航空宇宙局(NASA)の科学者らは、推定直径600─1400メートルの大型小惑星「2014 J025」が19日、地球から約180万キロの近距離を通過するが、影響を及ぼす恐れはないと発表した。

小惑星は2014年5月に発見されたもので、この規模の惑星が地球にこれほど接近するのは2004年以来となる。

J025の反射は月の2倍程度。通過するのは地球と月の距離の4.6倍。肉眼では見られないが、19日から1─2日は夜に家庭用望遠鏡で見ることができるという。

J025が地球にこの距離まで接近することは、少なくとも今後500年ないという。2027年には、直径800メートルの小惑星「1999 AN10」が、月よりやや近い上空となる地球から38万キロの距離を通過すると予想されている。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 財新
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本の経常収支に構造変化<br>10年後には赤字化も?

ドル円相場が不思議な安定を続けています。その背後に日本企業や投資家の行動変化があり、統計数値として経常収支に表れます。10年後に経常黒字が消え、通貨の信認を問われる時代になる可能性を踏まえ、国も企業も戦略を構築しておく必要があります。