アップル、レクサスで自動運転試験を開始へ

カリフォルニア州が認可

 4月14日、米アップルがカリフォルニア州で自動運転試験を行う認可を受けたことが分かった。2014年6月撮影(2017年 ロイター/Yuya Shino)

[14日 ロイター] - 米アップル<AAPL.O>がカリフォルニア州で自動運転試験を行う認可を受けたことが、14日分かった。各社がしのぎを削る自動運転技術の開発にアップルも参入するとの見方がさらに強まっている。

州車両管理局は自動運転車両3台の実験をアップルに認可。車種はすべてレクサスRX450hだという。

アップルはこれまで自動運転車の開発を公に認めていないが、自動車専門家数十人をここ数年で採用しており、今回の認可で計画の一端が明らかになった。

コンサルタント会社セオドア・アンド・アソシエイツのクリス・セオドア氏は「これで長年のうわさが確認された。アップルは少なくとも何らかの形で自動運転分野に参入する計画を考えている」と述べた。

ただ、アップルが自動運転車自体を製造しているとは言えず、セオドア氏は「ソフトウエアか自動運転技術に関連するハードウエア」の可能性もあると指摘した。

アップルの広報担当者は実験申請について直接コメントせず、「機械学習や自動化の研究に積極的に投資しており、輸送を含めたさまざまな分野の自動化システムに興奮している」と述べた。

13日のアップル株価は0.5%安の141.05ドルで終了した。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT