寄り付きの日経平均は続落、円高を嫌気

1ドル109円台突入、150円以上の下落に

 4月12日、寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比155円77銭安の1万8592円10銭となり、続落して始まった。2016年2月撮影(2017年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 12日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比155円77銭安の1万8592円10銭となり、続落して始まった。外為市場では1ドル109円台まで円高が進行。トヨタ<7203.T>が1%を超す下落率となっているほか、メガバンクも安い。シリアや北朝鮮情勢を巡る地政学リスクの高まりに対する警戒感が継続しており、33業種すべてが値下がりしている。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • iPhoneの裏技
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中高一貫校<br>子どもが幸せになる学校選び

中高一貫校人気が戻ってきたが、学校の選び方は変わりつつある。偏差値だけでない子ども本位の物差しだ。自主性重視か規律重視かなど4要素による「校風マトリックス」やランキングなど、独自の分析で子どもに合った学校が見えてくる。