寄り付きの日経平均は続落、円高を嫌気

1ドル109円台突入、150円以上の下落に

 4月12日、寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比155円77銭安の1万8592円10銭となり、続落して始まった。2016年2月撮影(2017年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 12日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比155円77銭安の1万8592円10銭となり、続落して始まった。外為市場では1ドル109円台まで円高が進行。トヨタ<7203.T>が1%を超す下落率となっているほか、メガバンクも安い。シリアや北朝鮮情勢を巡る地政学リスクの高まりに対する警戒感が継続しており、33業種すべてが値下がりしている。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT