鉄道マンが「見えない」を体験して見えた課題

体験すれば広がる?視覚障害者への「声かけ」

今回のセミナーでは、アイマスクを着けて実際に見えない状態を体験することで、参加者たちは駅ホームに対する視覚障害者の不安、そして声かけの重要性を実感したようだ。

アイマスクを着けてホームを歩く参加者たち(撮影:風間仁一郎)

車掌の男性は「今回の講習は仲間の乗務員が案内役で、場所も熟知しているはずの駅だが、それでも段差などは怖いと感じた。混雑しているときなどは不安になるのでは」と、見えない状態で歩くことの怖さを語った。また、案内を受ける視覚障害者の役を体験することで「サポートする際の案内の仕方が大切だとわかった」「コミュニケーションを取るのが難しいと感じた」との声も聞かれた。

自らアイマスクを着け、見えない状態での歩行を体験した後藤会長も「怖いですね。まったく見えない、そういう中で電車に乗るということに恐怖心が先立った」との感想。そして「隣に誘導してもらえる係員がいることで、心強さや安心を感じていただけると思う」と、駅係員などによるソフト面での対応の重要性を指摘した。

ホームの駅員配置はどうする?

西武鉄道は現在、池袋駅でホームドアの設置を進めているほか、練馬・西武新宿・高田馬場・所沢・国分寺の5駅に2020年度までに整備する方針を示している。だが、全体の駅数から見ればまだ少数。ホームに係員が不在の駅も存在する。

この点について後藤会長は「きょうのセミナーを通じていろいろ検討していかなければならないと思う。現時点においては具体的なアイデアはないが、今後そういったテーマに対してどう対応していくかはしっかり考えていきたい」と述べ、「障害のあるお客様のご意見も聞きながら、国ともすり合わせをしていく必要があると思う」との考えを示した。

トップ自らがアイマスクを着けての歩行体験を行ったことで、これから西武のホーム安全対策にどのような成果が表れていくか注目されるが、当然ながら駅ホームの安全は西武鉄道だけの問題ではない。

ホームに係員を増員したり、現在無人の駅に配置したりすれば、安全性は増す可能性が高いものの、鉄道側の負担は増える。また、現状のままでソフト面の対策を強化すれば、駅員の負担が増える恐れもある。鉄道事業者にとっては無視できない問題であり、ホームの安全対策強化を図る上で大きな課題だ。

次ページ「妥協点」をどこに見いだすか
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラマな日常、日常にドラマ
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT