あの英鉄道アニメに着目した鉄道会社の狙い

ミュージアムは「チャギントン」がいっぱい

「おかでんミュージアム」の2階は「チャギントンルーム」になっている (C)Ludorum/フジテレビ
(筆者撮影)

猫駅長の存在や、水戸岡鋭治氏によるデザイン電車などで一躍人気路線となった「和歌山電鐵」の親会社であり、岡山市内で路面電車やバスを運行する岡山電気軌道(以下、岡電)。岡山県内を中心に運輸や生活産業などを展開する両備グループの一員である同社は、2016年12月21日に「おかでんミュージアム+水戸岡鋭冶デザイン」をオープンした。

ミュージアムの名称にもその名がある水戸岡鋭冶氏は、JR九州の「ななつ星 in 九州」をはじめ、数々の斬新なデザインの車両を手掛けていることで有名なデザイナー。同氏は岡山出身で、岡電でも「たま電車」「MOMO」「KURO」といった水戸岡氏デザインの電車が人気を集めており、岡電バスには「たまバス」というネコ耳をつけたバスもある。その水戸岡氏の手によって工場の一角をリノベーションし、誕生したのが「おかでんミュージアム」だ。

なぜか「チャギントン」が

「おかでんミュージアム」の全景。中央やや左下が入り口。左端が東山電停(筆者撮影)

ミュージアムは岡山駅前から岡電の東山行に乗って17分。終点の東山電停で下車すると目の前にある。1924(大正13)年に造られた車両工場の一角を利用しているが、車両工場そのものも外壁を「水戸岡デザイン」にした。歴史ある工場というイメージだったのが、この外壁塗装によって、いきなりお洒落な雰囲気になったのは水戸岡マジックのなせる業だろう。

壁面にはいくつものプレートが描かれているが、そこで目立つのはなぜか「CHUGGINTON」。フジテレビ系列で放映されている、イギリスで作られた鉄道CGアニメ「チャギントン」だ。

次ページ水戸岡デザインのミュージアム
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。