フランクフルト長谷部、ひざ手術で離脱へ

当初の見立てより重傷

 3月18日、サッカーのドイツ1部、ブンデスリーガ、アイントラハト・フランクフルトに所属する日本代表主将の長谷部誠(右)が来週、ひざの手術を受けることになった。フランクフルトで2016年12月撮影(2017年 ロイター/Kai Pfaffenbach)

[18日 ロイター] - サッカーのドイツ1部、ブンデスリーガ、アイントラハト・フランクフルトに所属する日本代表主将の長谷部誠(33)が来週、ひざの手術を受けることになった。同クラブが18日、発表した。

長谷部は先週末のバイエルン・ミュンヘン戦でボールをクリアした際、ポストに衝突して負傷。16日の検査の結果、当初の見立てより重傷ということが判明した。

長谷部はワールドカップ(W杯)アジア最終予選のアラブ首長国連邦戦(23日)、タイ戦(28日)を欠場する見通し。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 起業家的音楽家
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。