フランクフルト長谷部、ひざ手術で離脱へ

当初の見立てより重傷

 3月18日、サッカーのドイツ1部、ブンデスリーガ、アイントラハト・フランクフルトに所属する日本代表主将の長谷部誠(右)が来週、ひざの手術を受けることになった。フランクフルトで2016年12月撮影(2017年 ロイター/Kai Pfaffenbach)

[18日 ロイター] - サッカーのドイツ1部、ブンデスリーガ、アイントラハト・フランクフルトに所属する日本代表主将の長谷部誠(33)が来週、ひざの手術を受けることになった。同クラブが18日、発表した。

長谷部は先週末のバイエルン・ミュンヘン戦でボールをクリアした際、ポストに衝突して負傷。16日の検査の結果、当初の見立てより重傷ということが判明した。

長谷部はワールドカップ(W杯)アジア最終予選のアラブ首長国連邦戦(23日)、タイ戦(28日)を欠場する見通し。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT