フランクフルト長谷部、ひざ手術で離脱へ

当初の見立てより重傷

 3月18日、サッカーのドイツ1部、ブンデスリーガ、アイントラハト・フランクフルトに所属する日本代表主将の長谷部誠(右)が来週、ひざの手術を受けることになった。フランクフルトで2016年12月撮影(2017年 ロイター/Kai Pfaffenbach)

[18日 ロイター] - サッカーのドイツ1部、ブンデスリーガ、アイントラハト・フランクフルトに所属する日本代表主将の長谷部誠(33)が来週、ひざの手術を受けることになった。同クラブが18日、発表した。

長谷部は先週末のバイエルン・ミュンヘン戦でボールをクリアした際、ポストに衝突して負傷。16日の検査の結果、当初の見立てより重傷ということが判明した。

長谷部はワールドカップ(W杯)アジア最終予選のアラブ首長国連邦戦(23日)、タイ戦(28日)を欠場する見通し。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
現場に厳しく、幹部に甘い<br>日本郵便・社員大量処分の杜撰

かんぽ生命の不適正販売をめぐって、社員の大量処分が進んでいますが、その現場からは不満の声ばかり聞こえてきます。営業現場に責任を押し付けるのではなく、日本郵便の本社・支社、かんぽが自らの非を認める日はいつ訪れるのでしょうか。

東洋経済education×ICT