米コロラド州、「冷凍保存遺体」祭りで大騒ぎ

霊柩車パレード、棺運び競争で盛り上がる

 3月11日、米コロラド州ネダーランドで、冷凍保存されているノルウェー人男性の遺体に敬意を表するという、毎年恒例の祭りが開催された。霊柩車パレードで開幕、続いて「棺運び競争」などが繰り広げられた。写真は棺運び競争の様子(2017年 ロイター/Rick Wilking)

[ネダーランド(米コロラド州) 11日 ロイター] - 米コロラド州ネダーランドで、冷凍保存されているノルウェー人男性の遺体に敬意を表するという、毎年恒例の祭りが開催された。霊柩車パレードで開幕、続いて「棺運び競争」などが繰り広げられた。

この男性は1989年に死亡、将来の復活に希望をつないで遺体は冷凍保存され、4年間カリフォルニア州で保管されていた。その後1993年に孫が所有地のあるネダーランド近郊に移送、街で最も有名な「住民」となっている。

祭りは観光客誘致の狙いで、地元の女性実業家が商工会議所所長を務めていた16年前に発案。3日間にわたり、寒中水泳や冷凍サケの投げ合い、音楽イベント、仮装舞踏会などが行われる。

開催当初は1000人程度の参加だったが、現在では2万人が訪れるという。多くはハロウィーンの衣装を身に着ける。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の株入門<br>『会社四季報』公式!銘柄ガイド

コロナ禍で株価が激動、将来不安や在宅勤務で「株デビュー」する人が増えています。チャートの読み方、お得な優待銘柄、ネット証券の選び方など株式投資の入門情報を満載。四季報最新号のランキングによる銘柄選びも。

東洋経済education×ICT