米コロラド州、「冷凍保存遺体」祭りで大騒ぎ

霊柩車パレード、棺運び競争で盛り上がる

 3月11日、米コロラド州ネダーランドで、冷凍保存されているノルウェー人男性の遺体に敬意を表するという、毎年恒例の祭りが開催された。霊柩車パレードで開幕、続いて「棺運び競争」などが繰り広げられた。写真は棺運び競争の様子(2017年 ロイター/Rick Wilking)

[ネダーランド(米コロラド州) 11日 ロイター] - 米コロラド州ネダーランドで、冷凍保存されているノルウェー人男性の遺体に敬意を表するという、毎年恒例の祭りが開催された。霊柩車パレードで開幕、続いて「棺運び競争」などが繰り広げられた。

この男性は1989年に死亡、将来の復活に希望をつないで遺体は冷凍保存され、4年間カリフォルニア州で保管されていた。その後1993年に孫が所有地のあるネダーランド近郊に移送、街で最も有名な「住民」となっている。

祭りは観光客誘致の狙いで、地元の女性実業家が商工会議所所長を務めていた16年前に発案。3日間にわたり、寒中水泳や冷凍サケの投げ合い、音楽イベント、仮装舞踏会などが行われる。

開催当初は1000人程度の参加だったが、現在では2万人が訪れるという。多くはハロウィーンの衣装を身に着ける。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 女性の美学
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 中原圭介の未来予想図
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
実家の片づけ<br>激変する相続<br>死後の手続き

モノであふれる実家の整理や親の死後対応は子世代が抱える悩みだ。7月には約40年ぶりに大改正された相続法が本格施行され、知らないと損することも出てくる。10連休こそ「親の3大問題」解決のチャンス! 完全保存版の最新手引。