野村証券、森田敏夫副社長が社長に昇格

グループCEOは永井氏が続投へ

 3月7日、野村ホールディングス は、野村証券の社長に森田敏夫・副社長(55)が昇格する人事を正式発表した。4月1日付。写真は野村証券・東京大手町本社。昨年11月撮影(2017年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 7日 ロイター] - 野村ホールディングス <8604.T>は7日、野村証券の社長に森田敏夫・副社長(55)が昇格する人事を正式発表した。4月1日付。永井浩二・野村HDグル―プCEO(58)は、持ち株会社のトップを継続する。

このほか野村は、グループの収益の柱であるグローバル・マーケッツと投資銀行部門(IB)をとりまとめる「ホールセール」の共同部門長兼IBヘッドの奥田健太郎・野村証券専務をニューヨークに送り、米州地域ヘッドに据える。米州でのIB業務強化を後押しする。

証券社長に就任する森田氏は、1985年に同志社大学商学部を卒業後、野村証券に入社。岡山、福岡の支店長など、主にリテールでキャリアを積んだ。昨年4月から証券の副社長に就任するとともに、担当領域を広げるためIBも担当していた。

野村のグループCOO(最高執行責任者)、CFO(財務統括責任者)はそれぞれ、尾崎哲氏、北村巧氏が続投する。

(江本恵美)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT