野村証券、森田敏夫副社長が社長に昇格

グループCEOは永井氏が続投へ

 3月7日、野村ホールディングス は、野村証券の社長に森田敏夫・副社長(55)が昇格する人事を正式発表した。4月1日付。写真は野村証券・東京大手町本社。昨年11月撮影(2017年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 7日 ロイター] - 野村ホールディングス <8604.T>は7日、野村証券の社長に森田敏夫・副社長(55)が昇格する人事を正式発表した。4月1日付。永井浩二・野村HDグル―プCEO(58)は、持ち株会社のトップを継続する。

このほか野村は、グループの収益の柱であるグローバル・マーケッツと投資銀行部門(IB)をとりまとめる「ホールセール」の共同部門長兼IBヘッドの奥田健太郎・野村証券専務をニューヨークに送り、米州地域ヘッドに据える。米州でのIB業務強化を後押しする。

証券社長に就任する森田氏は、1985年に同志社大学商学部を卒業後、野村証券に入社。岡山、福岡の支店長など、主にリテールでキャリアを積んだ。昨年4月から証券の副社長に就任するとともに、担当領域を広げるためIBも担当していた。

野村のグループCOO(最高執行責任者)、CFO(財務統括責任者)はそれぞれ、尾崎哲氏、北村巧氏が続投する。

(江本恵美)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • コロナウイルスの恐怖
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新型肺炎の「致死率」<br>武漢だけ突出する理由

新型肺炎による死亡者は、湖北省、とくに武漢に集中しており、致死率は他の省を圧倒しています。この理由と背景は? 本誌デジタル版では、現地から果敢な報道を続ける中国「財新」特約の連載「疫病都市」を配信しています。