ホンダ、新開発「10速AT」の生産開始へ

米工場に約1.5億ドル投資

 3月6日、ホンダは6日、前輪駆動車向けに新たに開発した10速AT(自動変速機)の生産を開始するとともに、米国の2工場に1億5000万ドル近くを投資したと発表した。2016年3月撮影(2017年 ロイター/Chaiwat Subprasom)

[6日 ロイター] - ホンダ<7267.T>は6日、前輪駆動車向けに新たに開発した10速AT(自動変速機)の生産を開始するとともに、米国の2工場に1億5000万ドル近くを投資したと発表した。

投資の内訳は、ジョージア州にある同社工場への組み立てライン新設などに1億ドル、オハイオ州の工場の生産能力強化に4900万ドル。

ホンダの広報担当者は、新開発のATは2018年モデルの「オデッセイ」に最初に搭載される予定で、他の搭載モデルについては未公表とした。

人気記事
トピックボードAD
  • 鳥海高太朗のエアポート一刀両断
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 会社を変える人材開発の極意
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
転機のLCC ピーチが仕掛けるアジア大競争

日本初のLCC(格安航空会社)、ピーチ。国際線は台湾・韓国への短距離路線が中心だったが、中距離路線に参戦。東南アジア全域を狙う。拠点・関空は台風で混乱。新戦国時代に突入。