ホンダ、新開発「10速AT」の生産開始へ

米工場に約1.5億ドル投資

 3月6日、ホンダは6日、前輪駆動車向けに新たに開発した10速AT(自動変速機)の生産を開始するとともに、米国の2工場に1億5000万ドル近くを投資したと発表した。2016年3月撮影(2017年 ロイター/Chaiwat Subprasom)

[6日 ロイター] - ホンダ<7267.T>は6日、前輪駆動車向けに新たに開発した10速AT(自動変速機)の生産を開始するとともに、米国の2工場に1億5000万ドル近くを投資したと発表した。

投資の内訳は、ジョージア州にある同社工場への組み立てライン新設などに1億ドル、オハイオ州の工場の生産能力強化に4900万ドル。

ホンダの広報担当者は、新開発のATは2018年モデルの「オデッセイ」に最初に搭載される予定で、他の搭載モデルについては未公表とした。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
現場に厳しく、幹部に甘い<br>日本郵便・社員大量処分の杜撰

かんぽ生命の不適正販売をめぐって、社員の大量処分が進んでいますが、その現場からは不満の声ばかり聞こえてきます。営業現場に責任を押し付けるのではなく、日本郵便の本社・支社、かんぽが自らの非を認める日はいつ訪れるのでしょうか。

東洋経済education×ICT