ホンダ、新開発「10速AT」の生産開始へ

米工場に約1.5億ドル投資

 3月6日、ホンダは6日、前輪駆動車向けに新たに開発した10速AT(自動変速機)の生産を開始するとともに、米国の2工場に1億5000万ドル近くを投資したと発表した。2016年3月撮影(2017年 ロイター/Chaiwat Subprasom)

[6日 ロイター] - ホンダ<7267.T>は6日、前輪駆動車向けに新たに開発した10速AT(自動変速機)の生産を開始するとともに、米国の2工場に1億5000万ドル近くを投資したと発表した。

投資の内訳は、ジョージア州にある同社工場への組み立てライン新設などに1億ドル、オハイオ州の工場の生産能力強化に4900万ドル。

ホンダの広報担当者は、新開発のATは2018年モデルの「オデッセイ」に最初に搭載される予定で、他の搭載モデルについては未公表とした。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ブックス・レビュー
  • 不妊治療のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中高一貫校<br>子どもが幸せになる学校選び

中高一貫校人気が戻ってきたが、学校の選び方は変わりつつある。偏差値だけでない子ども本位の物差しだ。自主性重視か規律重視かなど4要素による「校風マトリックス」やランキングなど、独自の分析で子どもに合った学校が見えてくる。