故M・ジャクソンの旧ネバーランド再び売りに

価格は「大幅値引き」で約76.4億円に

 3月2日、2009年に死去した米歌手マイケル・ジャクソンさんの自宅兼大型遊戯施設だった「ネバーランド」が再び売りに出されている。価格は大幅に引き下げられた6700万ドル(約76.4億円)で、不動産概要にジャクソンさんについての言及はないという。2009年7月撮影(2017年 ロイター/Phil Klein)

[2日 ロイター] - 2009年に死去した米歌手マイケル・ジャクソンさんの自宅兼大型遊戯施設だった米カリフォルニアの「ネバーランド」が、再び売りに出されている。価格は大幅に引き下げられた6700万ドル(約76.4億円)で、不動産概要にジャクソンさんについての言及はないという。

広さ約11平方キロで、かつては動物園や遊園地の乗り物まであったこの施設だが、ワイン製造や馬を飼うのに最適で、「リラックスした楽しいライフスタイルを大きなスケールで」と宣伝されている。

数年前に「シカモア・バレー・ランチ」と改名され、2015年5月に1億ドルで売りに出されたが、買い手がつかなかった。

ジャクソンさんは1987年に1950万ドルでこの不動産を購入したが、資金繰りの悪化で2008年にコロニー・キャピタル社に2300万ドルの不動産負債とともに所有権を譲り渡した。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • ドラの視点
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナウイルスの恐怖
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
北朝鮮が「新戦略兵器」?<br>強硬姿勢アピールの舞台裏

昨年末「新たな戦略兵器」との発言が報じられた金正恩委員長。強硬路線を取るとみられたものの、報告内容をよく読むと「自力更生」と経済の重視に力点があります。北朝鮮、米国、韓国、日本それぞれの立ち位置を考察します。