故M・ジャクソンの旧ネバーランド再び売りに

価格は「大幅値引き」で約76.4億円に

 3月2日、2009年に死去した米歌手マイケル・ジャクソンさんの自宅兼大型遊戯施設だった「ネバーランド」が再び売りに出されている。価格は大幅に引き下げられた6700万ドル(約76.4億円)で、不動産概要にジャクソンさんについての言及はないという。2009年7月撮影(2017年 ロイター/Phil Klein)

[2日 ロイター] - 2009年に死去した米歌手マイケル・ジャクソンさんの自宅兼大型遊戯施設だった米カリフォルニアの「ネバーランド」が、再び売りに出されている。価格は大幅に引き下げられた6700万ドル(約76.4億円)で、不動産概要にジャクソンさんについての言及はないという。

広さ約11平方キロで、かつては動物園や遊園地の乗り物まであったこの施設だが、ワイン製造や馬を飼うのに最適で、「リラックスした楽しいライフスタイルを大きなスケールで」と宣伝されている。

数年前に「シカモア・バレー・ランチ」と改名され、2015年5月に1億ドルで売りに出されたが、買い手がつかなかった。

ジャクソンさんは1987年に1950万ドルでこの不動産を購入したが、資金繰りの悪化で2008年にコロニー・キャピタル社に2300万ドルの不動産負債とともに所有権を譲り渡した。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 買わない生活
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT