VW、BMWも参戦、それでも遠いEVの隆盛

市販モデルの価格を初公表、年内に販売開始

先行した日産のEV「リーフ」は苦戦

EVで先行する日産の「リーフ」は、2万5990ユーロ(フランス価格、国によって異なる、約340万円)と2社よりも安く、航続距離も175キロメートル(欧州基準、日本基準では228キロメートル)とやや長いが販売には苦労している。リーフの累計販売台数は、13年7月下旬時点で、欧州で1万2000台、米国で3万台、日本で2万8000台の合計7万1000台にとどまる。

日産とVW、BMWでは、総合的な性能やブランド力、販売力での違いもあるが、EV本体で性能や価格で大幅な改善が見られないとなると、リーフよりケタ違いに売れるとは想像しがたい。EV市場の立ち上がりにはいましばらく時間がかかりそうだ。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • ドラマな日常、日常にドラマ
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT