三菱自「アウトランダーPHEV」意外な健闘

リコール問題後の販売最前線を追う

充電したモーターだけで走る電気自動車(EV)としても、エンジンとモーターを併用するハイブリッド車(HV)としても使えるプラグインハイブリッド車(PHV)。「プリウスPHV」で先行したトヨタ自動車に続く量産車となったのが、三菱自動車の「アウトランダーPHEV」(=タイトル下写真=)である。

新型エコカーとして今年(2013年)初めに日本国内で発売。昨年11月からの予約も併せて、今年3月までに当初計画の2倍程度となる約8000台を受注するなど、順調な滑り出しを見せたものの、リチウムイオン電池の一部が熱で溶ける不具合が発覚したことで、6月にリコール(回収・修理)対象となり、その前後では生産・出荷も止まってしまった。

ブランドイメージの低下が懸念されたが…

三菱自は昨年末から今年はじめにかけて、別車種でのリコール対応をめぐって国土交通省から厳重注意や立ち入り検査などを受けており、期待のアウトランダーPHEVも重なる品質問題を受けたブランドイメージの低下による、販売面での不振が懸念された。

だが、三菱自は意外にも踏ん張っている。「(アウトランダーPHEV)は現在、国内で3200台、海外ではオランダを中心に1万5000台の受注残がある」。三菱自の益子修社長は言う。国内ではすでに販売済みの約4300台と併せると、大量のキャンセルは出なかったとみられる。海外向けは堅調だ。

実は三菱自は、生産を受け持つ岡崎工場(愛知県岡崎市)におけるアウトランダーPHEVの月産能力を、現行の2000台から10月までに4000台まで倍増させる。欧州への輸出も年内に開始する。むしろ、「日本と海外でタマの取り合いになっている」(服部利彦・国内営業統括部門長)ほど。海外は当面、欧州向けが中心となるため、引き合いのある米国向けについて、「今年度はできない。来年度も厳しいだろう」(益子社長)という“嬉しい悲鳴”も上がっている。

次ページ踏ん張っている要因は?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT