金正男暗殺、カギはシンガポール人女性か

渦中の人物はなぜマレーシアをよく訪れた?

金正男氏と言えば、礼儀正しく、比較的温和な性格であり、女性と酒を飲むのを好んだとされている。彼と150回ほど電子メールをやりとりした内容を元に本を出版した、東京新聞の五味洋治編集委員は、毎日新聞とのインタビューで、「金正男氏は初めて会う人には常に尊敬語を使うなど、礼儀正しく、他人に警戒心を見せることはなかった。それが今回あだになった」と言う。

酒と女性を金正男氏は好んだ。中国・北京でも富裕層の子息たちと、週に3、4回は飲食店に行って酒を飲みリラックスしていた、と中国の消息筋は証言する。また、9歳から家族と離れて海外生活を送っていたためか、中国と日本、韓国などにも友人が多かった、と五味編集委員は回想する。五味氏は「孤独な生活が多かったためか、金正男氏は友人を大事にしていた。インタビュー途中、日本と韓国の知人との電話のやりとりもよくあった」と述べた。

最高級ホテル住まいで、資金は十分だった

2013年にはシンガポールの高級ホテルで、韓国人観光客が金正男氏と遭遇、「金正男氏ではないのか、一緒に写真を撮ってほしい」と客がお願いすると、彼は「今は写真を撮ることができません。申し訳ありません」と丁寧に断ったというエピソードは、彼の性格をそのまま示しているようだ。

さらに、金正男氏はシンガポールでルイ・ヴィトンのかばんと靴を愛用し、いつも最高級ホテルに宿泊するほど、資金が十分にあったとされている。その資金は、故・金正日総書記の秘密資金の一部ではないか、との推測も出たほどである。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT