アップル株が沸騰、次期iPhoneに高まる期待

日中最高値を2年ぶりに更新

 2月14日、米国株式市場で、アップルがほぼ2年ぶりに日中最高値を更新した。10周年記念モデルとされる次期「iPhone(アイフォーン)」が、低迷気味の販売を大きく押し上げるとの期待が高まっている。ニューヨークの五番街で2015年7月撮影(2017年 ロイター/Mike Segar/File Photo)

[サンフランシスコ 14日 ロイター] - 14日の米国株式市場で、アップル<AAPL.O>がほぼ2年ぶりに日中最高値を更新した。10周年記念モデルとされる次期「iPhone(アイフォーン)」が、低迷気味の販売を大きく押し上げるとの期待が高まっている。

株価は2015年4月28日につけたこれまでの記録である134.54ドルを上抜け、一時135.09ドルまで上昇。1.3%高の135.02ドルで取引を終えた。

アップルの株価は昨年前半につけた安値から50%上昇し、年初来では16%値上がりしている。次期「iPhone8」が大幅な改良を加えたモデルになることが期待されている。

投資家の間では、2年前に発売された「iPhone6S」の販売が好調だったことから、「iPhone8」への買い替え需要が通常を上回るとの見方もある。

コーナーストーン・フィナンシャル・パートナーズの共同創設者ジェフ・カーボーン氏は「(アップル株を)保持し、買うチャンスをうかがっている」と述べた。また「消費者心理が改善し、支出が拡大している」とし、「アップルからはまだ多くの好材料が期待できる」との見方を示した。

アップルが1月に発表した10─12月決算は力強い内容となった。1─3月の業績について同社は慎重な見方を示したが、アナリストは2016年度に8%近く減少した売上高が、今年度は増加に転じると予想している。

トムソン・ロイター・データストリームによると、アップルの予想株価収益率は直近で14.3倍と、2015年4月以来の高水準にあり、過去5年の平均株価収益率である12倍を大きく上回っている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ひとりの贅沢空間~週末に聴きたい名盤
  • 若者のための経済学
  • 内田衛の日々是投資
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。